バカラ(Baccarat)の必勝法:罫線とは

SLOTSIA Michio ゲーム解説

バカラ(Baccarat)の罫線とは

バカラの罫線とは、勝負結果を記録してゆく出目表のことです。

バンカーが勝利したか、プレイヤーが勝利したか、引き分けになったのかが色とマークで記録されています。

一般的には、こちらの図のように「バンカーが勝利した場合赤い丸」、「プレイヤーが勝利した場合青い丸」、「引き分けの場合緑の斜線」で記録されています。

罫線は左上からつけられていることが多く、同じ勝敗結果だった場合そのまま下のマスに記録し、違う勝敗結果になった場合右のラインに移動して記録して行きます。

罫線には主に4種類があり、上記の方法で記録されている一番シンプルな出目表を「大路(ダイロ)」と言います。そのほかに「大眼仔(ダイガンチャイ)小路(シュウロ)甲由路(カッチャロ)などがありますが、「大路(ダイロ)」とは全く別の見方をします。

これらの罫線から次の目を判断してベットするのがバカラの楽しみ方です。

大路(ダイロ)の詳しい読み方

大路(ダイロ)は、罫線の中でも一番わかりやすい罫線です。

シンプルに「バンカーが勝利した場合赤い丸」、「プレイヤーが勝利した場合青い丸」、「引き分けの場合緑の斜線」となっており、連続で一方が勝った場合はそのまま下に記録し、もう一方が勝てば右の列へ移動して記録されています。

例えば図のような罫線の場合、これまでの勝負はこうなっていることがわかります。

罫線からギャンブルの波を読む

罫線をよく見てみると、一定のリズムや波が発見できることがあります。

罫線は、この波を見つけて今後の勝敗を予想することができるツールです。判断に迷った時などに大変便利です。

<テレコ>

例えば、このようにプレイヤーとバンカーが交互に勝利する波を「テレコ」と呼びます。

<連勝>

また、プレイヤーとバンカーが交互に同じ数ずつ連勝する波もあります。

<ニコイチ>

一方が2勝、もう一方が1勝のパターンが続くことを「ニコイチ」と呼びます。

<引き分け>

引き分けが同じラインやパターンに偏っている場合、同じ波が繰り返される場合もあります。

バカラ必勝法羅線編