バカラ(Baccarat)の必勝法:資金管理とシステムベット

SLOTSIA Michio ゲーム解説

バカラ(Baccarat)の資金管理方法とシステムベット

ギャンブルにおいて資金管理は非常に大切であり、システムベットを用いてプレイすることで、長期的に安定したギャンブルが可能になります。

特にバカラはベットできる金額が大きく、高額プレイヤーが多いことでも知られており、安定したプレイのためには資金管理が重要となります。

こちらでは、バカラの具体的な「資金管理方法」と、攻略法・必勝法とも言える「システムベット」についてご紹介します。

資金の管理方法

ギャンブルにおいて、ベット金額を固定の金額ではなく、残高の割合から考えて決めることが大切です。

例えば毎回10ドルずつベットしていたとしても、残高の大きさによってそのベット方法のリスクが高いかどうかが違ってきます。

もし残高が500ドルで1ベット10ドルとした場合、ベット額は残高の50分の1なので安定したギャンブルが望めます。逆に残高が100ドルで1ベット10ドルとした場合、非常にリスクが高いギャンブルと言えます。

様々なシステムベットを活用する

システムベットとはベッティングシステムとも呼ばれ、システム化されたベット方法のことを言います。バカラに限らず様々なギャンブルで応用ができ、ゲームの攻略法・必勝法のひとつです。

うまくシステムベットを利用することで、感情に流されず冷静な判断とプレイが可能です。長期的に低リスクなプレイができるのでぜひ試してみて下さい。

パーレー法

パーレー法とは、「勝つたびにベット額を倍に増やしてゆく」システムベット法です。

勝って得た配当金を次の勝負で全額賭けるスタイルで、攻めの戦略と言えます。勝てば勝つほど賭け金も配当金も大きくなるため、調子が良い時に大勝ちできる可能性があります。

勝ったときだけベット額を増やすため、負けが続いても大敗せず残高を安定させることができます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、パーレー法とは逆に「負けるたびにベット額を倍に増やしてゆく」システムベット法です。

パーレー法が攻めの戦略とすると、パーレー法は守りの戦略と言われ、カジノゲームにおける必勝法・攻略法として昔から知られています。

負け続けるとベット額をその度に倍にし続けますが、一度勝ちさえすればそれまでの損失を取り戻すことができます。

安定して小さな勝ちを積み重ねたい人に向いていますが、負けが重なるとベット額が残高を上回ってしまうこともあるため、ある程度残高に余裕がある人におすすめです。

10パーセント法

10パーセント法とは、その名の通り残高の10パーセントを常に賭けるシステムベット法です。リスクが少なく初心者にも向いている必勝法・攻略法として知られています。

残高が増えれば、賭け金はその10パーセントとなり、自ずとベット額が増えます。逆に残高が減ればベット額も小さくなり、一気に残高が減るということがないので、低リスクで勝負することができます。

長時間じっくりゲームをプレイしたい方、少額の資金で楽しみたい方におすすめのシステムベット法です。

31システム法

31システム法とは、31ドルを9回に分けて賭けるという、特殊なベッティング方法です。

賭け金は

1回目…1ドル

2回目…1ドル

3回目…1ドル

4回目…2ドル

5回目…2ドル

6回目…4ドル

7回目…4ドル

8回目…8ドル

9回目…8ドル

というようにあらかじめ決めておき、これを1セットとします。

この9回のベットの中で仮に連敗したとしても、1回でも連勝すればプラス収支になるようになっています。

連勝が全くなかったとしても、あらかじめ1セットの金額が31ドルと決まっているため、安心感のあるシステムベット法と言えます。

バカラ必勝法資金管理とシステムベット