バカラ(Baccarat)の醍醐味:絞り(しぼり)の楽しみ方

SLOTSIA Michio ゲーム解説

バカラ(Baccarat)絞り(しぼり)の楽しみ方

バカラの絞り(しぼり)とは、裏向きに配られたカードをプレイヤーが少しずつめくり、勝敗結果を予想して楽しむ行為です。

本場のカジノでは、バンカーかプレイヤーに賭けた後、そのテーブルで一番高額賭けた客がベットした側のカードを絞ることができます。

カードを端からめくり、少し見える柄やマークの数から数字を予想して盛り上がります。オンラインカジノでも、ライブバカラの「バカラスクイーズ(baccarat squeeze)」などで絞りを楽しむことができます。

バカラに高額ベットして、カードを絞りながらハラハラするのがバカラの醍醐味であり、バカラに高額プレイヤーが多い理由のひとつとなっています。

カードの絞り方

バカラの絞り方は、まずカードの縦方向から数字が見えないようにめくり、マークや見えるマークの数を確認します。

カードを縦に絞った時の見え方と数字

カードを縦に絞った際、マークが2つ見えている場合、「足がある」と言います。

縦に絞ったときに「足があるのか」、「1つだけマークが見えるのか」、「全く足がないのか」、「絵柄が見えるのか」によって、カードの予想できる数字は4種類に分かれます。

「足がある場合」

カードの数字は4・5・6・7・8・9・10のいずれか

「1つだけマークが見える場合」

カードの数字は2・3のどちらか

「全く足がない場合」

カードの数字は1決定

「絵柄が見える場合」

カードの数字は10決定

カードを横に絞った時の見え方と数字

カードを横に絞った際には、いくつマークが見えるかによって、カードの予想できる数字は3種類に分かれます。

「マークが2つ見える場合」

カードの数字は4・5のどちらか

「マークが3つ見える場合」

カードの数字は6・7・8のいずれか

「マークが4つ見える」

カードの数字は9・10のどちらか