ブラックジャック(Blackjack)の必勝法:カウンティングとは

SLOTSIA Michio ゲーム解説

ブラックジャック(Blackjack)のカウンティングとは

ブラックジャックやバカラの必勝法・攻略法としてよく用いられるのが「カウンティング」です。カウンティングとは、配られたカードを記録し、まだ出ていないカード群(シュー)のカードを予測することです。

リアルカジノではカウンティングは禁止行為となっており、それほど有効であることが伺えますが、オンラインカジノでは可能な必勝法です。

ブラックジャックでは、「10」として数えられるカードが多く含まれています。プレイ中にでてきたカードをカウンティングすることで、まだ出ていないシューの中にどのくらい「10」カード(10・J・Q・K)が残っているかがポイントとなります。

ブラックジャック(Blackjack)カウンティングの基本的な方法

基本的なブラックジャックのカウンティング方法である「ハイローシステム」について説明します。

まず、出てきたカードを以下のようにグループ分けして点数化します。

・点数:-1…「10・A」のカード

・点数:±0…「7・8・9」のカード

・点数:+1…「2・3・4・5・6」のカード

そしてディーラーのカードとプレイヤーのカードの点数を合計し、以下のように状況を判断します。

<カウンティングの計算結果がマイナスの場合…強気な勝負は控え相手のバーストを狙う>

10・A」のカードはマイナスとして数えるため、合計数がマイナスになる場合10・A」のカードがシューの外に多く出ていることがわかります。つまり、今後引くシューの中には10・A」カードが少ない可能性が高く、強気な勝負は避けてディーラーのバーストを待つのが得策と言えます。

<カウンティングの計算結果が±0の場合…賭け方を変えずに様子を見る>

合計数が0の場合、カードに偏りが出ていない状態なので様子を見ましょう。

<カウンティングの計算結果がプラスの場合…ヒットやダブルダウンで積極的な勝負をする>

2・3・4・5・6」のカードはプラスとして数えるため、合計数がプラスになる場合2・3・4・5・6」のカードがシューの外に多く出ていることがわかります。つまり、今後引くシューの中には10・A」カードが多く残っている可能性が高く、ヒットやダブルダウンで積極的に勝負するチャンスです。

例えばこのようなカードの場合、カウンティング値は「-4」となり、テーブル上に10カードが多く出ているため、シューの中には小さい数が多く残っていることが予想されます。

この場合、強気な勝負は控え相手のバーストを狙うのが適切です。

ブラックジャック(Blackjack)様々なカウンティング方法

上記で紹介した「ハイローシステム」の他に、以下のようなカウンティング方法があります。ご自分に合ったカウンティング方法を見つけてみて下さい。

・カジュアルシステム

カジュアルシステムとは、テーブルに出ているカードから感覚で判断するという、初心者でも取り入れやすいカウンティング方法です。

感覚で判断するとなると信頼性が低いように思えますが、カウンティングの入門編として利用できるだけでなく、直感や勘を磨く為にも利用できる方法です。

・K-Oシステム

K-Oシステムとは、「ケーオーシステム」または「ノックアウトシステム」と呼ばれ、以下のようにカウントして判断します。

・点数:-1…「10・A」のカード

・点数:±0…「8・9」のカード

・点数:+1…「2・3・4・5・6・7」のカード

カウントの合計数が+2以上の場合…ヒットやダブルダウンで積極的な勝負をする

カウントの合計数が+2未満の場合…強気な勝負は控え相手のバーストを狙う

・レッドセブンカウント

レッドセブンカウントとは、基本的にはハイローシステムと同じですが、「赤の7」を+1、「黒の7」を±0としてカウンティングする方法です。

そして、カウントを始める数値は「シューのデッキ数×-2」となり、多くの場合6デッキでセットされているため-12からカウントを始めることになります。マイナスから「0」に近づいてきたときをチャンスとして見極めます。

レッドセブンカウントでは、ダブルダウンやインシュアランスについてもタイミングを判断できるようになっています。カウンティングに慣れてきた中級者向けとしておすすめです。

・ハイオプトワン

ハイオプトワンとは、1デッキ専用のカウンティングシステムで、より精度が高まった中級者向けのカウンティング方法です。

・点数:-1…「10」のカード

・点数:±0…「2・7・8・9・A」のカード

・点数:+1…「3・4・5・6」のカード

カウントの合計数が+2以上の場合…ヒットやダブルダウンで積極的な勝負をする

カウントの合計数が+2未満の場合…強気な勝負は控え相手のバーストを狙う

ブラックジャック(Blackjack)カウンティング時の注意点

カウンティングは有効な必勝法と言えますが、カードの偏りの程度はまちまちです。100%勝負に勝てるわけではないので、過信しすぎず利用するようにしましょう。出てきたカードから冷静に判断し、適切なアクションを選ぶことが大切です。

カウンティングにおいて、テーブル上の合計数がプラスに傾いてきた(プレイヤーに有利な状況)のか、マイナスに傾いてきた(プレイヤーに不利な状況)のかを把握し、慎重にプレイ方法を移行しましょう。

ブラックジャック必勝法