ブラックジャック解説

ブラックジャック(Blackjack)の必勝法:ストラテジーチャートの使い方

SLOTSIA Michio ゲーム解説

ブラックジャック(Blackjack)のストラテジーチャートとは

ブラックジャックでは、配られたカードの数字から、確率に基づいて次の手を有利に判断できる「ストラテジーチャート」というものが存在します。「ストラテジー」とは「戦略」という意味で、ストラテジーチャートを用いることで戦略的なプレイが可能になります。

ストラテジー表は、初めにプレイヤーに配られた2枚のカードとディーラーのオープンカードの数字を照らし合わせ、次にどのアクションをするべきかが一覧表になっています。アクションは「H(ヒット)、S(スタンド)、D(ダブルダウン)、P(スプリット)」のいずれかが示されています。

ストラテジーチャートを用いることで、負けにくく安定したプレイが可能となります。

ブラックジャック(Blackjack)ストラテジーチャートの見方

通常のストラテジーチャートはこのようになっています。

H(ヒット)、S(スタンド)、D(ダブルダウン)」

左側のプレイヤーのカードの数字と、上のディーラーのオープンカードの数字を照らし合わせ、重なる部分の表示に従ってアクションします。

ブラックジャック(Blackjack)ストラテジーチャートの種類

ブラックジャックのストラテジーチャートは、以下のように3つの種類があります。

ハードハンド通常時のストラテジーチャート

ソフトハンド…A11として数えた場合のストラテジーチャート

スプリット同じカードが出てスプリットできる場合のストラテジーチャート

通常のストラテジーチャートだけでも勝負が安定しますが、A11として数えた場合の「ソフトハンドバージョン」と、同じカードが出てスプリットできる場合の「スプリットバージョン」も合わせて利用することでさらに勝率が高まります。

ブラックジャック(Blackjack)ストラテジーチャートの使い方

まず、初めに配られたプレイヤーのカードと、ディーラーのオープンカードを確認します。画像のようにプレイヤーが「14」、ディーラーが「9」だった場合で見てみましょう。

プレイヤーのカードは「14」なので、ストラテジー表のプレイヤー側「14」の横軸を見ます。そしてディーラーは「9」だったのでディーラー側「9」の縦軸を見ます。該当する縦軸と横軸の交差する場所の記号を確認して次のアクションを決めます。

アクションは「H(ヒット)、S(スタンド)、D(ダブルダウン)、P(スプリット)」のいずれかが示されています。

ソフトハンド…A11として数えた場合のストラテジーチャート

プレイヤー側にAが出て、11として数えて勝負を進める場合はソフトハンドのストラテジーチャートを使いましょう。

スプリット同じカードが出てスプリットできる場合のストラテジーチャート

プレイヤー側に同じカードが2枚配られた場合は、スプリットのストラテジーチャートを使い、スプリットするべきかどうかを含めて判断しましょう。

ブラックジャック サムネイル