バカラ(Baccarat)の3枚目のカードが配られる条件

【解説】バカラ(Baccarat)で遊ぶ!3枚目のカードが配られる条件とは?

更新日: slotsia.com Michio ゲーム解説

最初にお伝えしておきますが、3枚目のカードに関してはディーラー主導で配られるので、わざわざ覚えておく必要はありません。

ただ、バカラで3枚目のカードが配られる条件や状況を把握しておくことで、勝率の予想、プレイの流れを読みやすくなります

基本的に、バカラ(Bacara)ではプレイヤーとバンカーに配られるカードの数は2枚。

条件が整った場合にのみ、3枚目のカードが配られていざ勝負!となります。

バカラで三枚目カードが配られる条件

【大前提】バカラで3枚目のカードが絶対配られない2つのケース

確実に3枚目のカードが”配られない”条件があります。
「ナチュラル」と呼ばれる状況が発生した場合です。

ナチュラルが発生した場合

  • プレイヤー・バンカー双方でカードの合計値1桁目が8or9になった
  • プレイヤーもしくはバンカーのどちらかの合計値の1桁目が8or9になった

バカラ「ナチュラル8の場合」

この2つのケースは、絶対に3枚目のカードが配られない「ナチュラル」状態です。3枚目のカードの可能性はぜろ、そのまま勝負に突入!
8が出れば「ナチュラル8」で、9が出れば「ナチュラル9」と呼ばれます。

このナチュラルは、プレイヤーでもバンカーでも変わることのない、共通の条件です。

双方ともに8or9が出た場合、

  • どちらかが8でどちらかが9 → 9の勝利
  • どちらも8、どちらも9 → 勝負は引き分け

となります。

プレイヤー・バンカーどちらも合計値の1桁目が6 or 7になった場合

配られた2枚のカードの合計値1桁目が、プレイヤーもバンカーも6or7となる状況も、絶対に3枚目のカードが配られない条件です。いざ、勝負!
バカラ「バンカーの合計数一桁が6または7の場合」

例えば、バンカーが6でプレイヤーが7であれば、プレイヤーの勝利となります。

「3枚目のカードが出てくるなら、4枚目のカードが配られることもあるの?」と考える方もいるかもしれませんが、バカラでは4枚目のカードまで配られることはありません。

条件次第で配られるのは3枚目までとなります。

バカラでバンカー側の条件で配られるカードが変わる場合

ここからは、バンカーとプレイヤーそれぞれ3枚目のカードが配られる際の異なる条件、3枚目のカードの可能性が変動するケースをご紹介します。

バンカー側で合計値の一桁目が7以上になった場合

バンカー側で合計値の一桁目が7以上(7,8,9)となった場合 → 「スタンド」が発生、3枚目のカードの可能性はゼロになります。
バカラ「バンカーの合計数一桁が7以上の場合」

例えば、バンカーが2枚目までで合計値が7となれば、バンカーはスタンド。
プレイヤーが3枚目まで配られて合計値が8になれば、プレイヤーの勝利です。

バンカー側で合計値の1桁目が6以下(0,1,2,3,4,5,6)になった場合

バンカー側で合計値1桁目が6以下(0,1,2,3,4,5,6)になった場合
→プレイヤー側の合計値次第で、3枚目がをヒットかスタンドか、勝負の分かれ目となります。
バカラ「3枚目のカードが配られる場合 表」

例えば、プレイヤー2枚の合計値1桁目が5(5,4,3,2,1,0)で、バンカー側2枚の合計値1桁目が2以下(0,1,2)という場合、双方ともに3枚目のカードが配られます。

プレイヤー2枚の合計値が5以下、バンカー2枚の合計値が3だった場合
→プレイヤー3枚の合計値が8以外なら、バンカーもヒットなので3枚目のカードを受け取れます。

プレイヤー2枚の合計値が5以下、バンカー2枚の合計値が4だった場合
→プレイヤー3枚の合計値が2,3,4,5,6,7だったなら、バンカーもヒットなので3枚目のカードを受け取れます。

プレイヤー2枚の合計値が5以下、バンカー2枚の合計値が5だった場合
→プレイヤー3枚の合計値が4,5,6,7だったなら、バンカーにも3枚目のカードが配られ、3枚の合計値1桁目で勝負することになります。。

プレイヤー2枚の合計値が5以下、バンカー2枚の合計値が6だった場合
→プレイヤー3枚の合計値が6,7であれば、バンカーも3枚目のカードが配られます。

プレイヤー2枚の合計値が5以下、バンカー2枚の合計値が7だった場合
→バンカーはスタンド、プレイヤーだけが3枚目のカードを受け取れます。

バカラ「カード追加のルール表」プレイヤー側で合計値の一桁目が5以下になった場合

ディーラーが初めに配った2枚のカード。
プレイヤー側の合計値の1桁目が5以下(0,1,2,3,4,5)となった場合 → 3枚目のカードがディーラーによって配られます。

3枚目のカードが配られる状態のことを「ヒット」と呼びます。

例えば、プレイヤー側が2枚目までで合計値の1桁目が9+2=1で、相手が7だった場合、バンカーにはスタンドが発生します。
そしてプレイヤーはヒットしているので、ディーラーから3枚目のカードが渡されます。
プレイヤー側3枚の合計値1桁目 VS バンカー側7のスタンド、という勝負になるわけですね。

プレイヤー側で合計値の一桁目が6か7になった場合

プレイヤー側で2枚のカードの合計値1桁目が6or7となれば、無条件でスタンド発生。
バンカーの数がいくらであろうと、3枚目のカードが配られることはありません。

※もちろんこの時も、8か9のナチュラルは有効状態です。

例えばディーラーが配った2枚のカードで、プレイヤーが0,1,2,3,4,5のどれか、バンカーがナチュラルの8,9だと勝負、バンカーの勝利です。
バンカーが8,9以外の数字であればヒット!3枚目のカードを受け取れます。

バカラ全体の流れから「3枚目のカードが配れる・配られない条件」をまとめ

プレイヤー・バンカー共通の3枚目が配られない条件は3つありました。

  • プレイヤー・バンカー双方ともに合計値1桁目で8or9がでた「ナチュラル」
  • プレイヤー・バンカーどちらかに合計値1桁目で8or9がでた「ナチュラル8」か「ナチュラル9」
  • プレイヤー・バンカー双方ともに6or7がでた(6•6、7•7、6•7、7•6の組み合わせ)

このパターンでは3枚目が配れることはなく、そのまま合計値1桁目で勝負となります。

プレイヤーが2枚目の合計値が5以下だった場合、プレイヤーはヒット状態なので3枚目をディーラーに配ってもらえます。
この時、バンカーが7以上であればスタンドが発生しますので、バンカーに3枚目のカードが配られる確率はゼロです。
バンカーが6、プレイヤーの3枚目の合計値が6or7だった場合にはバンカーも3枚目のカードを配ってもらうか(ヒット)か、配ってもらわない(スタンド)か、決定できます。。
バンカーが5、プレイヤーの3枚目の合計値が4、5、6、7だった場合には、バンカーも3枚目のカードを配ってもらう(ヒット)か、配ってもらわない(スタンド)か、決定できます。

この時、バンカー側の選択により勝負が左右されます。
バカラで3枚目のカードが配れる流れ

基本的にオンラインカジノでバカラを楽しむ場合、ディーラーがゲームを進めますし、あなたは「プレイヤーとバンカーのどちらが勝利するか?」に賭けるわけですから、細かなルールを最初から覚えていなくとも、ゲームはスムーズに進められます。

ただ、3枚目のカードが配られる条件などを覚えておくことで、勝率の変動を予測できるようになります。

バカラの面白さが段違いにUPしますよ!

バカラ関連ページ

バカラ3カード編