blackjack guide

ブラックジャックの基本的なルールと遊び方【無料お試しゲームあり!】

更新日: slotsia.com Isamu
ブラックジャックのルールをゲームで実践

ブラックジャックはオンラインカジノで人気の高いテーブルゲームのひとつです。カードの合計値を21以内に抑えて、ディーラーに勝てば配当が得られます。ルールがよく分からなくても、プレイの中で覚えられる取っつきやすさが魅力です。一方、ディーラーと駆け引きをしたり、場の流れを読んだりするテクニックも必要で、その深みのあるゲーム性が多くのプレイヤーを夢中にさせます。そして、ペイアウト率はカジノゲームの中で一番高く、ブラックジャックを極めることが安定収益につながりやすいです。
興味のある方は、ぜひこちらのページ内にあるブラックジャックの無料プレイで体験してみてください!

ブラックジャックとは

ブラックジャック(Blackjack)は、カジノゲームの中で最も人気のあるテーブルゲームです。海外のカジノでもオンラインカジノでもとても人気があります。ブラックジャックのルールも基本は簡単で、カジノディーラーが自分とプレイヤーにカードを配り、手札の合計数が「21」に近い方が勝ちというゲームです。このようにルール自体は簡単ですが、どれだけ波を読むことができるかで勝敗が分かれる奥深いゲームでもあります。

そして、オンラインカジノでプレイするブラックジャックは、自宅に居ながらにして世界中のプレイヤーと勝負可能です。同じテーブルのプレイヤー同士でディーラーがバーストしたときの喜びを分かち合うことができるのです。 こちらのページでは、そんなブラックジャックの基本的なルール、オンラインカジノでのプレイ方法、オンラインだからこその醍醐味を詳しくご紹介します。

ブラックジャックのカードの数え方と用語

ブラックジャックのカードの数え方は、カードの数字を単純に数えるのではなく、ブラックジャック特有の数え方があります。

ルールによっても少し違うので、ブラックジャックの用語と合わせてぜひ覚えてください。

<ブラックジャックのカードの数え方>

  • 2〜9のカード …そのまま2〜9として数える
  • 10と絵札(J、Q、K)のカード …10として数える
  • A(エース)のカード …1か11として有利な方で数える

ブラックジャックのカードの数え方

<ディーラーの手持ちカードルール>

ブラックジャックのディーラーは、「手持ちカードの合計が17になるまでカードを引き続けるというディーラー独自のルールがあります。
そのためディーラーの手持ちカードは、バーストを除いて必ず「17」「18」「19」「20」「21(BJ)」の5種類のみとなります。
ブラックジャックは、絵札を全て10と数えるルールがあるため、絵札を引く可能性が高いです。よってディーラーの最初手持ちカードが15以上の場合、ディーラーがバーストする確率は50%以上に上がります。自分の手持ちカードが良いカードならばチャンスです!ダブルなどをしてみても良いでしょう。

<ブラックジャックの用語>

  • ヒット …カードを1枚追加する。
  • スタンド …カードを追加しない。現在の数値のままでディーラーと勝負する。
  • スプリット …はじめに配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、カードを2手に分けることができる。分けたところにも最初と同額のベットが必要。
  • ダブル・ダウン …カ次の一手で勝てそうだと思った場合、賭け金を倍にして次のカードを1枚だけ引くことができる。
  • インシュランス …ディーラーの1枚目のカードが「A」だった場合に選択できる。賭け金の半額をベットし、ディーラーがブラックジャックだった場合に賭け金が戻ってくる。
  • サレンダー…手札が悪く勝てないと判断した場合、賭け金の半分を渡してゲームから降りることができる。
  • バースト…カードの合計数が22以上になってしまう事。
  • ブラックジャック(Black Jack)…はじめに配られたカードがA(エース)と10カードか絵札(J、Q、K)の組み合わせで、足した数が「21」になること。

ブラックジャックの流れとルール

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーにカードが配られ、その合計値が「21」に近い方が勝ちというカードゲームです。ルールも簡単で、なるべく21に近づけ、21を超えないようにカードを引くことが基本ルールです。

<ブラックジャック基本ルール>

  • ディーラーとプレイヤー全員に2枚ずつカードが配られる
  • 自分のカードの合計値が21に近づくよう、ヒットしてカードを追加したり、追加しないスタンドを選択する
  • カードの合計値が21を超えてしまった時点で、その場で負けが決定する(バースト)
  • プレイヤーは21を超えない限り好きなだけカードを追加することができる
  • ディーラーはカードの合計値が17を超えるまでカードを追加しなければならない

主なゲームの流れは以下のようになります。

①ベットするコインを選択し、ベットエリアに置きます。

ブラックジャックルール「ベットするコインを置く」
②「ディール」をクリックすると、ディーラーはプレイヤーとディーラーそれぞれに2枚ずつカードを配ります。ディーラーのカードは1枚伏せた状態となります。

ブラックジャックルール「ヒットかスタンドを選択」
③プレイヤーは自分に配られたカードとディーラーのオープンカードを確認し、もう1枚カードを引くかどうかを判断して「ヒット」か「スタンド」を選択します。

テーブルに置かれたカードからゲームの流れを予想し、次の一手を決めるのがブラックジャックの醍醐味です。

ブラックジャックスタンドを選択

④プレイヤーの「ヒット」か「スタンド」の選択が終わると、ディーラーの伏せていたカードがオープンになり、プレイヤーのハンドとどちらが「21」に近いか勝負します。このとき、ディーラーはハンドが「17」以上になるまでカードを引き続けます。

プレイヤーもディーラーもハンドが「21」を超えると「バースト」となりその時点で負けとなります。自分のハンドが「21」に近くなくても、ディーラーの「バースト」を狙うのも一手です。

ブラックジャックルール「バースト」


ブラックジャックを実際にプレイしてみる

ブラックジャックのリアルプレイを「必勝!カジノオンラインZ」さんが実際にプレイしている動画です。
実際の雰囲気や流れ、パターンやルールなどがよく分かります。


動画の中でも説明されているように、ブラウザ上で気軽にブラックジャックを楽しむ事ができます。
私たちが紹介するジパングカジノなら、無料で40ドルの現金チップが貰えるボーナスや、入金時に入金額が最大1,000ドル増えるボーナスなど、お得に遊べる特典が満載です。

ジパングカジノ40ドルバナー ジパングカジノ40ドルバナー

ブラックジャックが遊べる現金チップが無料で貰えます!

  • 入金しなくても貰える40ドルのボーナス!
         クーポンコードは35slot
  • 入金時に最大1,000ドルのボーナスチップが貰える!

※獲得できるボーナスの引き出し条件などは変更される場合もありますので、ジパングカジノで詳細を確認してください。

ブラックジャックのさまざまなアクションと意味

ブラックジャックでは、配られたカードを確認した後に、主に「ヒット(Hit)」「スタンド(Stand)」「ダブルダウン(DoubleDown)」の3つのアクションボタンをクリックして勝負します。

ブラックジャックのさまざまなアクションと意味

  • ヒット(Hit)…カードを引く
  • スタンド(Stand)…カードを引かない
  • ダブルダウン(DoubleDown)…賭け金を2倍にして1枚だけカードを引く
  • インシュアランス(Insurance)…ディーラーのオープンカードがAの場合に保険をかける

<ダブルダウン(DoubleDown)のやり方>

ダブルダウンは、自分のハンドを見てからベット額を2倍にできるアクションです。ダブルダウンで勝負する場合は、ディーラーのオープンカードが弱く、かつ自分のハンドに自信がある場合に利用しましょう。

例えば自分のハンドが合計数「11」の場合、次に引くカードが「10・J・Q・K」のいずれかであれば「21」となるので、勝率が高くダブルダウンをするチャンスとなります。 ダブルダウンを行うときは、次のカードで何が来ても「絶対にバーストしない」時だけに使うようにしましょう。手札の合計が12の時などは行ってはいけません。

ブラックジャックのダブルダウン

<インシュアランス(Insurance)のやり方>

インシュアランスとは「保険」という意味で、海外のカジノなどでは「イーブンマネー」と呼ばれることもあります。
インシュアランス(イーブンマネー)は、ディーラーの1枚目のオープンカードが「A」の場合に、ベット額の半分を追加で支払うことで、ディーラーがブラックジャックになった際に全額戻ってくるという一風変わったルールを表す用語です。

例えば10ドルをベットしていた時、ディーラーがブラックジャックチャンスになってインシュランス(イーブンマネー)として5ドルを追加で支払った場合、以下のような流れになります。

ディーラーがブラックジャックでインシュランス的中したら5ドル分インシュランスベットをしているので、10ドルの配当がもらえます。実際のお金の流れとしては、5ドル保険を払って、15ドル戻ってきます。(最初の10ドルベットは取られ、5ドルの保険料も取られますが、15ドル戻ってくるのでプラマイゼロです)

ディーラーがブラックジャックでなかった場合は、保険料の5ドルはそのまま取られ、ゲームは10ドルベットのまま続行となります。

ブラックジャックインシュランスのやり方

<スプリット(Split)のやり方>

スプリットは、プレイヤーに配られた2枚のカードが同じカードだった場合、2つの独立した手に分け、それぞれの手に賭けることが出来ます。これを行うには最初の賭け金と同額の賭け金を追加しなければなりません。

例えば、配られた2枚のカードがA(エース)2枚だった場合、スプリットで2手に分けて、それぞれのハンドで次に「10・J・Q・K」のいずれかを引けば「21」になるので、勝てる確率が高いです。

 

ブラックジャックスプリット

<サレンダー(Surrender)のやり方>

サレンダーとは「降参」という意味です。配られたカードを確認した後に、不利なハンドだと判断した場合、賭け金の半分を支払って勝負を降りることができます。

例えば自分のハンドが合計数「15」で、ディーラーのオープンカードが「10」だった場合、次に引くカードは「6」以下でないとバーストしてしまうため、プレイヤーは不利な状況と言えます。 このような状況で残高を守りたい場合には、サレンダーを使うことができます。

ブラックジャックサレンダー<スイッチ(Switch)のやり方>

ブラックジャックにはいくつか種類があり、「スイッチ(Switch)」という技が使えるブラックジャックを「ブラックジャックスイッチ(Black Jack Switch)」と呼びます。

スイッチは、基本的に2つのハンドでゲームを行い、出たカードを有利になるように入れ替えることができます。例えば、「10」と「A」のカードが別のハンドで出たとしても、スイッチして入れ替えることでブラックジャックを成立させることができます。

ブラックジャック以外のゲームで勝った時の配当は1倍ですが、自分のハンドがブラックジャックだった場合の配当は1.5倍になりますので、とても大きいです。

(例:100ドルを賭けてブラックジャックの役で勝った場合、150ドルの配当+賭けた100ドルが戻ってくるので、手元には合計250ドルが残る。)

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャック練習用無料ゲーム

ブラックジャックのコツをつかむには、実際にプレイしてみることが大切です。

まず最初に、右下にあるベットする「コイン」を選択し、「ディール」をクリックします。それから自分のカードの合計値が21に近づくよう、「ヒット」してカードを追加したり、追加しない「スタンド」を選択したりしましょう。

パソコンからでもスマホからでもプレイ可能です。


上記の無料ブラックジャックゲームをもっと遊びたい方は、ボードッグカジノ最大55,000円の120%初回入金ボーナスをもらってお得にプレイしましょう!

ボードッグのブラックジャックを無料プレイ矢印矢印

さらにブラックジャックを楽しむために<基本攻略法>

ブラックジャックのルールでは、プレイヤーが選択できるアクションが多く様々な攻略法や戦略が存在します。

まず、基本として知っておくとベストなのが「ベーシックストラテジー」です。この考え方を基礎においておくと、ブラックジャックがぐっと楽しめるようになります。

そして出ているカードの合計値から次の手を読む「カウンティング」もオンラインだからこそ有効な手です。ルールを覚えてプレイに慣れてきたら、これらにも挑戦してみてください。

ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックを攻略するために作られたカード戦略のひとつです。自分に配られたカードと、ディーラーのオープンカードを見比べ、ヒットしてカードを引くべきか、引かずにスタンドしてこのままのカードで勝負をするべきか…をを確率的に計算し表にまとめたものです。

ベーシックストラテジー表は以下のようになっており、自分に配られたカードの合計数と、ディーラーのオープンカードの延長線上でクロスする箇所のアクションが有利な戦略として一覧になっています。

例えば、上の画像のように自分のハンドが「15」、ディーラーのオープンカードが「7」の場合、クロスしている箇所は「H(ヒット)」となっています。なので、この場合はヒットすることが確率的には有利ということになります。

ブラックジャックベーシックストラテジー

カウンティング

カウンティングとは、これまでに出たカードの数字から、まだ出ていないカードを予想する手法です。ブラックジャックのルールである「21以上でバースト」がディーラーにも適用されているので、表に出たカードを読み、カードケース(シュー)の中にあるカードの偏りを見ると、以下のように有利に働くことがあります。

  • 小さい数字がテーブル上に多く出ている場合、カードケース内に大きい数字のカードが多く残っている = プレーヤーに有利
  • 大きい数字がテーブル上に多く出ている場合、カードケース内に小さい数字のカードが多く残っている = ディーラーに有利

このようにディーラーが配るカードを把握することで、残りのカードを予想しようというもので、メモとペンがあれば簡単に実践することができます。海外の陸上カジノではメモなどを取っていると注意されることがあるので、1人でできるオンラインのブラックジャックこそがこの手法が生きると言えます。

ブラックジャックの実践をするなら

ブラックジャックで勝負をするのに私たちがおすすめしているジパングカジノでは、入金しなくても遊べる現金チップ40ドルが無料で貰えます! またブラックジャックの種類も豊富で、上記のブラックジャックスイッチ(Black Jack Switch)も設置されていますので、ブラックジャックでBig Winを狙ってプレイしてみてください。 このページで実際にプレイしながら解説しているのもジパングカジノです。

当サイトがオススメしているジパングカジノでは、ブラックジャックで遊べる40ドル分のボーナスが無料で貰えるので試しにブラックジャックをプレイしてみてください。 このページで実際にプレイしながら解説しているのもジパングカジノです。
ジパングカジノ40ドルバナー ジパングカジノ40ドルバナー

ブラックジャックが遊べる現金チップが無料で貰えます!

  • 入金しなくても貰える40ドルのボーナス!
         クーポンコードは35slot
  • 入金時に最大1,000ドルのボーナスチップが貰える!

※獲得できるボーナスの引き出し条件などは変更される場合もありますので、ジパングカジノで詳細を確認してください。

ブラックジャック関連ページ

SlotsiaのTopページでは、他にも初心者さんにおすすめのオンラインカジノをたくさん紹介しています。ぜひご利用ください!

お得なオンラインカジノのボーナス情報を配信中

18歳以上です。
EメールでSlotsiaからオファーを受け取ります。当サイトのデータ取り扱いに関しては、プライバシーポリシー利用規約をご確認ください。

有効なメールアドレスを入力してください

正しいメールアドレスを入力してください

*すべてのメールには購読を解除するリンクが含まれており、いつでも解除できます。

x

Newsletter error

ブラックジャックのルールについてよくある質問

ブラックジャックの遊び方は?

52枚のトランプ(ジョーカー除く)を使い、ディーラーと自分の手持ちカード(トランプ)の合計が、21に近い方が勝ちとなるゲームです。自分の判断でカードを追加したりストップしたり、より21に近づくようにアクションを選んでゲームを進めていきます。

ブラックジャックのカードの数え方は難しいの?

A(エース)だけが少しややこしいですが、覚えてしまえば簡単です。2~10まではそのまま数え、11,12,13の絵札は10と数えます。A(エース)は「1」か「11」として数えることができます。Aと絵札が来た場合、11+10=21でカウントできるので、ブラックジャックの完成!あなたの勝ちです。

無料でブラックジャックをプレイできるオンラインカジノを教えて

ほぼすべてのオンラインカジノで無料プレイが可能です(ライブゲームは見学のみ可能)。またSlotsiaにも「ブラックジャック練習用無料ゲーム」があるので、ぜひお試しください!

ブラックジャックに攻略法はあるの?

勝った時の配当が約2倍となるブラックジャックは、様々な攻略法の実践に向いています!マーチンゲール法、パーレー法、ココモ法など「配当2倍で有効」となっている攻略法はほぼ実践できます。ライブじゃないブラックジャックでは自分のペースでゆっくりプレイができるので、その点も攻略法の実践や練習におすすめです。

ブラックジャックで使えるカウンティングって何?

配られるカードを予想する攻略法の一種です。ブラックジャックはジョーカーを除く52枚のトランプで行われます。そのため「しばらく小さい数字ばかり来てるな」という時は、「次は絵札(カウント10)が来るかもしれない!」と予想ができ、その予想に基づいてアクションを起こしていく、これがカウンティングと呼ばれる戦略となります。