カジノ法案とは?

カジノ法案が成立!その目的やメリットなども徹底解説【気になる候補地は?】

更新日: creator

更新日:

2016年に日本でカジノ法案が成立し、日本にもカジノができるとニュースでも大きく取り上げられました。そのため多くの方は、「日本にもカジノができるのだろう」と何となく知っているのではないでしょうか。

しかし、

  • なぜ法案が成立したのか
  • メリットやデメリットは何なのか
  • カジノができるまでの流れ

まで知る方は少ないかもしれません。

そこで今回は、カジノ法案の目的やカジノができるまでの流れ、メリットやデメリットなど、すべて分かりやすく解説いたします。

また、法案に対する反対の声も多くあるのも事実です。この記事では反対派の意見や、賛成派の意見なども取り入れて詳しく見ていきます。

そのため、日本のカジノ事情について誤解されがちなことも、すべて正しく理解できます。また、日本にカジノができることに関して、違った見方もできるようになるはずですよ!

  • Twitter
  • LINE

カジノ法案とは?

カジノ法案とは?

そもそもカジノ法案とは、2016年に日本で新しく成立した法律で、統合型リゾート整備推進法案のことを言います。この法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」と呼ばれます。そして、その略がIR法案またはカジノ法案と言われるのです。

正式名称特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律
略称IR法案、カジノ法案

と言っても、
「結局どういう法律なの?」
と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

簡単にいうとIR法案は、海外にあるようなカジノを含む統合型リゾート施設を、日本にも建てようと言う法律です。

カジノ法案の目的とは?

この法案は、カジノをつくることではなく、日本に外国人の観光客を集めることを目的とします。そして、外国人の観光客を集める手段が、カジノを含んだ統合型リゾート施設を日本につくることなのです。実際に、カジノの敷地面積は施設全体の3%未満と定められます。

しかし、この法律はカジノ法案と略称で呼ばれることが多いため、この法律の目的を間違って理解する方も少なくありません。IR法案の本当の目的を正しく理解しておきましょう。

IR法案の目的日本に外国人の観光客を集めること
IR法案の手段カジノを含んだ統合型リゾート施設をつくること

統合型リゾート施設とは?

IR法案を理解する上で、重要なワードが統合型リゾート施設です。

統合型リゾート施設とは、

  • カジノ
  • ホテル
  • 劇場
  • 映画
  • スパ(プールや温泉)
  • アミューズメントパーク
  • ショッピングモール
  • レストラン
  • 国際会議場

など多くの施設を含む超大型集客施設を言います。

統合型リゾート施設

英語では「Integrated Resort(インテグレーテッド・リゾート)」と呼ばれ、この略称が「IR」なのです。つまり、IR=統合型リゾート施設と言い換えることができます。

世界の統合型リゾート施設

さて、世界にはさまざまな統合型リゾート施設がありますが、中でもシンガポールのIRやラスベガスのIRは特に人気の観光地です。そこで、ここではシンガポールとラスベガスの施設をご紹介します。

シンガポールのIR

マリーナ・ベイ・サンズ

シンガポールにあるマリーナ・ベイ・サンズは屋上プールやホテル、カジノなど多くの施設を含む世界でも大人気の統合型リゾート施設です。このIR施設は、2010年に創設され、カジノへの入場料は約7,000円~8,000円と定められています。

マリーナ・ベイ・サンズは、シンガポールへの外国人観光客を増やす目的でつくられました。その結果、2010年におけるシンガポールの観光客数は1100万人程度だったのに対して、2012年には1400万人にまで増加したのです。

このように、シンガポールはマリーナ・ベイ・サンズをつくることで、観光客が増え、観光業の活性化に繋がりました。これは、IR施設の良い例だと言えます。

ラスベガスのIR

ラスベガス

ラスベガスは、カジノ都市の代表で世界でも大変有名な統合型リゾート施設です。カジノはもちろん、ホテルやショッピングモールも充実しています。ラスベガスのカジノといえば憧れる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、アメリカでは21歳からカジノで遊べます。そのため、21歳になるとお祝いとしてラスベガスに行き、カジノで遊ぶ方がとても多いです。

カジノ法案のメリット

カジノ法案のメリット 観光業の活性化が見込める、インフラ整備で地域の活性化が見込める、雇用の促進が見込める

カジノは、100年以上もの間、日本で禁止されてきました。しかし、2016年にIR法案が成立し、いよいよ日本にもカジノ(を含むIR施設)がつくられます。

「なぜ、長年禁止されてきたカジノが解禁されるのか?」気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、IR法案に関するメリットは、

  • 観光業の活性化が見込める
  • インフラ整備による地域の活性化が見込める
  • 雇用の促進が見込める

のように大きく分けて3つあります。

ここでは、長年禁止されてきたカジノを解禁するメリットとは何なのか、1つずつ解説します。

観光業の活性化が見込める

まず1つ目のメリットとして、観光業の活性化が挙げられます。シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのように、IR施設をつくることで外国人の観光客が集まり、観光業の活性化が見込めます。そして、最終的には日本経済の活性化にも繋がるのです。

例えば、中国人の爆買いが日本で話題になりましたが、この爆買いによって、日本の経済効果が高まりました。そこで日本政府は、外国人にもっと日本に来てもらい、もっと日本でお金を使ってもらおうと考えたわけです。

このように、IR法案は外国人観光客を増やし、日本観光業が活性化するメリットがあると言えます。

インフラ整備による地域の活性化が見込める

次に、2つ目のメリットとして、インフラ整備による地域の活性化が挙げられます。統合型リゾート施設ができることで、その周辺のインフラが整備され、地域の活性化が見込めると考えられるのです。

また、その施設だけでなく、それをきっかけに日本の他の地域へも足を運ぶ観光客も増え、その他の地域の活性化も見込めます。

雇用の促進が見込める

最後に挙げられるメリットとして、雇用の促進が挙げられます。統合型リゾート施設は、多くの施設を含む超大型施設です。そのため、施設を営業するには、計算上では約15,000人と言うたくさんの従業員が必要です。

したがって、IR法案は大量の雇用を促進させ、失業者を減少させると考えられます。

カジノ法案のデメリット

カジノ法案のデメリット ギャンブル依存症が増加、日本の治安が悪化、マネーロンダリングの不正

カジノは長い間禁止されてきたため、やはりデメリットが大きいのではないか、と考える方も少なくないです。実際に、カジノ法案に反対の人は、法案が成立した今でも多く存在します。

カジノ法案に関するデメリットは、

  • ギャンブル依存症増加
  • 治安の悪化
  • マネーロンダリングなど不正

のように大きく分けて3つあります。

ここでは、カジノ法案のデメリットを1つずつ詳しくご紹介します。

ギャンブル依存症増加の心配

1つ目に挙げられるカジノ法案のデメリットとして、ギャンブル依存症の増加が考えられます。日本では、パチンコや競馬などの依存症が有名です。これはカジノでも同様で、カジノができることで、カジノの依存症が増えるのではないかと心配されます。

厚生労働省の発表によれば、日本では300万~500万人がギャンブル依存症の疑いがあるとされ、他国と比較してもその数は多いです。そのため、日本人はギャンブル依存症になりやすい傾向があると言われます。

したがって、カジノをつくるにあたり、依存症対策への準備は必要不可欠なのです。

治安が悪化する心配

次に考えられるデメリットとして、治安の悪化が挙げられます。日本では、昔から賭博は反社会的勢力が関与する可能性が高いとされてきました。そのため、カジノにおいても反社会的勢力が関与するのではないかと心配されるのです。

また、お酒と大金が動く場所や、多くの人が集まる場所では犯罪が起こりやすくなります。IR施設でも大きな犯罪は起きないようしっかりとした対策を考える必要があります。

カジノが原因で韓国の治安が悪化?!

カジノが原因で治安が悪化した例として、韓国が挙げられます。韓国では、地域の活性化のために「カンウォンランド」と言うカジノがつくられました。

しかし、その地域は今ではギャンブル依存症の患者であふれ、カジノ周辺には消費者金融や風俗店が多くなりました。また、その地域にはカジノで大金を使い果たしたカジノホームレスも多く、社会問題としても取り上げられることも少なくありません。

これは、ギャンブル依存症対策が不十分で起こってしまった問題と言えます。このように、依存症対策だけではなく、治安の悪化を防ぐ総合的な対策も必要不可欠です。

マネーロンダリングの心配

3つ目のカジノ法案のデメリットとして、マネーロンダリングが心配されます。

マネーロンダリングとは、詐欺や強盗など違法な手段で得た資金を、カジノで使用し、綺麗なお金として取り戻すことを言います。

カジノとマネーロンダリングの仕組み 犯罪で得た資金→資金をベットしカジノ側に移動→勝って戻ってくると綺麗なお金に

このように、カジノに犯罪で手に入れたお金を賭けることで、その出所が分からなくなってしまうのです。そのため、カジノはマネーロンダリングに使用されることが多いです。

日本では、マネーロンダリングの対策が他の国に比べて甘いため、日本にカジノをつくることでマネーロンダリングの無法地帯になる可能性もあります。これを防ぐためにも、マネーロンダリングに対する対策案を厳しくすることも必要です。

カジノ法案のデメリットに対する対策案

カジノ法案のデメリットに対する対策案

さて、カジノ法案のデメリットを見てきましたが、実はギャンブル依存症への対策はすでにいくつか考えられています。

ギャンブル依存症への対策案

IR施設の箇所数全国で3箇所
カジノへの入場料1回6000円
カジノへの入場回数1週間に3回まで、かつ1ヵ月に10回まで
カジノに入場する際の本人確認方法マイナンバーカード

このように、入場制限や入場料金を設定し依存症や犯罪対策のために、政府が規制を設けています。ちなみに、日本は世界でもギャンブル依存症のレートが高いため、入場制限などの規制は日本人と在日外国人のみに適用されます。

また、日本にカジノがつくられるにあたって、ギャンブル等依存症対策基本法も成立し、競馬やパチンコへの依存症対策も考えられる予定です。

カジノの候補地は?どこに設置される?

日本初のカジノ候補地

カジノ法案が成立した今、やはり「どこにカジノができるのか?」と言う点も気になりますよね。

現在、カジノの候補地としては、

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 和歌山件

が挙げられます。

この中から、さらに3箇所に絞られるのですが、IR関係者の間では、

  • 東京周辺に1箇所
  • 大阪に2箇所
  • 地方に1箇所

と予測されているようです。

中でも、カジノがつくられる特に有力な候補地は、

  • 神奈川県
  • 大阪府

とされます。その理由を以下でご説明します。

大阪(夢洲)が最有力候補?!

カジノの候補地として最有力候補と考えられるのが、大阪府の夢洲です。大阪府はIR施設の設置に、とても積極的で、そのためにすでに70ヘクタール程の広大な土地を確保済みです。

また、大阪府は2025年に国際博覧会が開かれることが決定されました。そのため、経済効果やアクセス面、事業家へのメリットの面においても、統合型リゾート施設の設置にぴったりだと考えられます。

神奈川県(横浜)も有力候補?!

大阪の次に有力とされる候補地は、神奈川県の横浜です。神奈川県は、政府の後押しがあり、海外のカジノ事業者も注目するため、統合型リゾート施設の有力候補地と言われます。
しかし、IR設置に対する住民や協会の反対が多く、これからの神奈川県の動向が注目されます。

このように、大阪府と神奈川県が統合型リゾート施設の有力候補地とご説明しましたが、それ以外の声があるのも事実です。例えば、ある程度経済が潤っている都心よりも地方に統合型リゾート施設を設置することで、地域の活性化に繋がるのではないか、などの声もあります。

したがって、今の段階ではどこに統合型リゾート施設ができるのか断言できない状況です。どこに決定するにしても、候補地が決定されるのは2022年前後と考えられます。そのため、あくまでも候補地予測の1つとしてご覧いただければと思います。

カジノ法案に対する賛成派と反対派の意見

賛成派と反対派の意見

カジノ法案には、メリットやデメリットが存在するため、賛成派や反対派など人によって意見はさまざまです。ここでは、Twitter(ツイッター)での賛成派や反対派の意見をご紹介します。

反対派の意見

  • male
    6月24日
    日本にカジノいらないと思っています。 これから全国でカジノに反対してくれるまともな候補者を応援する必要があると思います。 まずは #東京都知事選 #東京都知事選挙で、カジノ誘致を止めたいです。 西日本豪雨災害のドサクサで自民・維新・公明が強行採決したカジノ法案は日本にいらないです。
    twitterより引用
  • female
    6月23日
    カジノ法案は多重債務者を多発させるもの。断固としてカジノ法案に反対、抗議します。
    twitterより引用
  • male
    1月5日
    何故、私達はカジノ法案に断固反対してきたか!
    それは今回のような政治家と業者の癒着や、闇の利権構造が絶対あると思ってたから!
    …その通りになった!
    そして
    暴力団や反社会勢力の介入や、マネロンに悪用される事も目に見えているし、実際にある話だから…
    twitterより引用

賛成派の意見

  • male
    6月30日
    統合リゾートで未だに揉めてる。
    私はカジノ賛成なのですけど
    twitterより引用
  • male
    6月30日
    カジノ誘致の賛成については禿同だな
    今後の日本生存のためには外貨の獲得が鍵になるんだがカジノはピッタリだと思うんよ
    twitterより引用
  • male
    6月20日
    カジノは…条件次第では賛成派なんだよなぁ
    条件次第だけどね
    twitterより引用

また、賛成派や反対派の意見とは別に、以下のような意見もありました。

場合によっては賛成派/反対派

  • male
    6月29日
    僕は「パチンコを全部無くしてカジノだけにする」なら賛成派です^^; パチンコを残したままカジノは絶対だめっすわ。
    twitterより引用
  • male
    6月28日
    カジノに対する考えは賛成、反対それぞれあってよいと思いますが、パチンコや公営ギャンブルはよくてカジノがダメって言うダブルスタンダードではないですよね?
    twitterより引用

このように、ツイッターの中だけでもさまざまな議論が日々起こっています。

日本にカジノはいつオープン?~カジノオープンまでの流れ~

日本にカジノはいつオープン?

カジノ法案について分かってきたところで、

  • カジノはいつオープンするのか?
  • カジノができるまでの流れは?

など気になるポイントではないでしょうか。

ここでは、カジノがオープンするまでの全体の流れを簡単にご紹介します。

IR推進法の成立

IR推進法は、カジノをつくるにあたって始めに定められます。ここでは、適切なカジノ施設の設置や運営が行えるよう、体制が整えられます。

また、IR推進法は、健全なカジノを運営できるよう、さまざまな方針の大枠を定めるための法律です。

IR実施法案の成立

IR実地法(IR整備法)とは、IR推進法よりも具体的な方針についての法案を定めます。

例えば、

  • 具体的な制度
  • カジノ事業者の免許
  • 入場料
  • 入場制限
  • カジノ管理委員会の設置

などが決定されるのです。

カジノ管理委員会の発足

次に、カジノ管理委員会が発足されます。カジノ管理委員会とは、実際のカジノ運営に関わる業務を取り仕切る組織です。

例えば、カジノ管理委員会の業務として

  • カジノ事業者の監督
  • カジノ事業免許の審査
  • カジノゲーム機械の監督

などがあります。

また、

  • ギャンブル依存症
  • マネーロンダリング
  • 反社会組織

など、カジノによる問題点の対策も、カジノ管理委員会が行います。つまり、カジノ管理委員会は、IR施設がオープンした後の運営体制を統括するのです。

基本方針・候補地の決定

次に、IR設置にあたっての基本方針が決定されます。例えば、日本初のIR施設が建てられる場所も、この段階で決められます。カジノを含むIR施設は日本で3箇所に建てられる予定です。

統合型リゾート施設の設計・建設

候補地が決定すると、政府がIR事業者を決定します。任命されたIR事業者は、IR施設の設計や建設、インフラ整備に着手します。また、IR施設の建てられる地域のイベントなどにも積極的に参加し、IR施設のPR活動を行うのです。

オープン準備とオープン

ここまで来たら後は、IR事業者とIR施設が建てられる地域の各自治体と協力して、IR施設のプランや構想を考えてオープン準備を行います。

すべてのオープン準備が完了すると、ようやくIR施設がオープンします。

結局、日本にカジノはいつできる?

さてIR創設までの全体の流れをご説明しましたが、結局カジノはいつ頃オープン予定なのか気になるポイントでしょう。

結論から言うと、カジノのオープンは2025年前後と考えられます。

IR創設までには、カジノ法案に対する対策案やインフラ整備などさまざま準備が必要です。すでに、各法案の審議が長引き、IR施設のオープン予定が遅れているので、これからさらに遅れることもあり得ます。

ですので、IR施設のオープンは早くて2025年前後と考えるのが良いかもしれません。

カジノ法案とオンラインカジノ(パチンコ)の関係

オンラインカジノ(パチンコ)も合法になるの?

さて、カジノ法案が成立し、よく聞かれるのが
「日本にカジノができるなら、オンラインカジノ(パチンコ)も合法になるの?」
と言う質問です。

残念ながら、カジノ法案はあくまでIR設置に関する法律のため、例えカジノがオープンしてもオンラインカジノ(パチンコ)に直接の影響はありません。ですので、オンラインカジノ(パチンコ)に関しては、これまで通りグレーゾーンだと言えます。

詳しくは、オンラインカジノの違法性ページをご覧ください。

カジノ法案のパチンコへの影響

次に、現在日本ではパチンコが主流ですが、カジノがパチンコに与える影響がどのようなものか、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、カジノが日本にできることで、パチンコへの影響はないと考えられます。パチンコのメインターゲットはパチンコ店の近隣住民や庶民です。一方で、カジノは外国人観光客や富裕層をメインターゲットとします。

カジノとパチンコではメインターゲットが異なるので、カジノができることでパチンコへの影響はないと考えられるのです。

パチンコカジノ
ターゲット店舗近隣住民、庶民外国人観光客、富裕層

まとめ

まとめ

このように、カジノ法案の目的は外国人観光客を増やし、日本経済を高めることです。決してカジノをつくるのが目的ではないので、ご注意ください。

カジノ法案には、まだまだ不安要素や準備しなければならない法案が多数ありますが、日本にカジノができる日が楽しみですね。

また、本場のオンラインカジノで遊ぶ前に、オンラインカジノで遊んでみることをオススメします。オンラインカジノで慣れておけば、日本にカジノができたときも存分に楽しめること間違いなしです!

Slotsiaでは、登録だけでもらえる入金不要ボーナスのほかにも、さまざまなオンラインカジノボーナスをご用意しております。

SlotsiaのTopページでは、他にも初心者さんにおすすめのオンラインカジノを、たくさんご紹介しています。ぜひご利用ください!

自分にあったオンラインカジノを見つけよう!

プレイするベット額やゲームは自分自身が決めるもの、より自分に合ったオンラインカジノで遊ぶことによって、不便なく楽しめるでしょう。
またオンラインカジノによってベット額の上限下限は違いますので、希望のベット額で遊べるかどうかも重要です。
何より今後のオンラインカジノライフが充実したものになるよう、事前の確認をできるだけ細かくすることをオススメします。

1

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

プレイヤー満足度No. 1カジノ!

  • 入金不要ボーナスSlotsiaから登録で30ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス最高1,000ドル(約10万円)+10日間、毎日5ドルのスピンクレジットのビギナーズボーナス

2

カジ旅

カジ旅

世界初の「クエスト型オンラインカジノ」!

  • 入金不要ボーナスSlotsiaから登録で40ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス最高500ドル100%初回入金ボーナス+最大100回のフリースピン

3

カジノシークレット

カジノシークレット

プレイヤーに優しいオンラインカジノ!

  • 初回入金ボーナスSlotsiaから登録と入金で、合計66ドル(約6600円)のカジノチップボーナス
  • キャッシュバックSlotsiaからの登録で、初回入金で最高500ドルのキャッシュバック(増額)

4

レオベガス

レオベガス

モバイルカジノの王様!

  • フリースピンSlotsiaからの登録でstarbusrtの30回フリースピン
  • 初回入金ボーナス初回~3回目の入金で最高136,000円+starburst30回フリースピンの初回入金ボーナス

5

ロイヤルパンダ

ロイヤルパンダ

かわいいパンダが特徴のオンラインカジノ!

  • 初回入金ボーナス初回入金で最大10万円100%初回入金ボーナス
  • 初回入金ボーナス毎回の入金で5%の現金特典

カジノ法案関連ページ

カジノ法案についてよくある質問

日本にカジノはいつオープンするの?

カジノ法案は2016年に成立しましたが、日本でカジノがオープンする具体的な時期はまだ明らかにされていません。政府は、少なくとも2025年前後に日本初のカジノをオープンさせたいようです。

カジノの有力候補地はどこ?

カジノの有力候補地には、神奈川県や愛知県が挙がっています。しかし本命は、東京や大阪など多くの観光客が見込める場所でしょう。

カジノ法案に対する賛成派と反対派の意見は?

多くのカジノ法案賛成は、観光客の増加による経済効果を期待します。一方、カジノ法案反対派はギャンブル依存症を懸念する傾向があるようです。