オンラインカジノは違法ではない?|安心して遊ぶための注意点まとめ

オンラインカジノは違法ではない?|安心して遊ぶための注意点まとめ

tokusaki

更新日:

オンラインカジノは違法ではない?

オンラインカジノと聞いて直感的に合法だと思いますか?それとも違法だと思いますか?

結論からいうとオンラインカジノは日本以外の認められている国でプレイするのであれば合法です。
しかし日本でプレイする場合はグレーゾーンになります。

グレーゾーンといってもプレイして捕まる可能性はないと言い切っても過言ではありません。
オンラインカジノを始める上で、捕まる可能性があると思いながらビクビクプレイしていては楽しみたくても楽しめません。

安心してオンラインカジノをプレイできるよう、何故捕まらないと断言できるかも実際の事例と共に説明したいと思いますので気になる方はぜひ見てみてください!

  • Twitter
  • LINE

オンラインカジノを運営することは違法じゃないのか?

オンラインカジノを運営することは違法じゃないのか?

日本人のほとんどがオンラインカジノという言葉に抵抗があると思います。

まだまだ、日本でプレイすると違法なのじゃないか?という意見まで出るくらい、日本ではまだ馴染みが少ないんです。
なんととなく怖いという気持ちは分かりますけどね(笑)

オンラインカジノは国や政府から審査を受けてライセンスが発行されます。
このライセンスがなければ、当然違法営業に当たりますがライセンスを持っていればその国では合法だということ。
つまり、オンラインカジノの自体には違法性はないのです。

日本ではカジノは違法?

日本ではカジノは違法?

例えば日本人が海外に行ってカジノを利用するのは、合法国での遊戯になるので違法にはなりません。
当然ですよね、そもそも合法の国でカジノをプレイするのですから、日本人は海外でもカジノをプレイしてはダメ!という法律がない以上この部分で規制されることはまずありません。

しかし、日本国内ではカジノが禁止されているので、日本で運営しているカジノ(ランドカジノ)は全て違法になりますが、日本にいてインターネットを介し、国外のオンラインカジノを遊戯するのは違法になるかといわれれば少し疑問に感じます。

その理由は胴元、つまりカジノ自体が海外にあるからです。

オンラインカジノで刑事事件!?

オンラインカジノで刑事事件!?

日本国内で、日本人がオンラインカジノをプレイしたことによって賭博罪の容疑をかけられたプレイヤーがいます。
実際には1名不起訴となったのですが、今まで前例のないケースの刑事事件だったので判決がどちらにくだるのか注目されていました。
日本では当然カジノの運営や集客は禁止されているわけですが、オンラインカジノはネットを介したカジノです、そこでプレイヤーの内の一人は
「カジノでプレイしたことは認めるが、日本で前例のない刑事事件において、いきなり検挙されるのが納得いかない」
と申し出たのです。

実際に賭博罪とは、胴元とプレイヤーが日本にいて、その場でお金が動いている場合に適法されます。
つまり、オンラインカジノの場合は胴元が合法である海外、プレイヤーが日本にいます。
胴元が逮捕できないのにプレイヤーのみを検挙できるのか!?と考えた時、まずこれは不可能だということがわかりますよね。

結果、不起訴となりオンラインカジノを国内でプレイすることが違法なのかに関して、紛れもない判例ができたんです!
つまり、オンラインカジノでプレイすること、それ自体にはなんら違法では無いと国が認めたことになります!

ただし、冒頭でもいった通り、合法と確実に言い切れないグレーゾーンということを覚えておいてください。

例えば警察署の中で、警察官が見ている目の前でいきなりオンラインカジノをリアルマネーでプレイし始めればさすがに怒られると思いますし、その時は最低でも事情調査があると思います、そんなことをする人はいないと思いますけどね(笑)

それでも今後同じようにプレイヤーが摘発される可能性はあるのでは?

今からオンラインカジノをプレイしようと思っている日本在住の方にとっては、一番大事な問題かと思います。
今後、プレイすることは摘発の可能性はゼロとはいえませんが、限りなくゼロに近いといえます。

何故摘発の可能性がないといえるのか・・・何故なら一度【不起訴】となった事件に関して、今後同じような事件があったとしても、前例とは違う新しい犯罪証拠が無い限り、検察が起訴することはまず【ない】と言い切っても良いからです。

警察の考えは必ずしも法律に基づいたものではありません、いったん検挙したものを法廷で「違法ではない」となってしまうことはよくないことなのです。
逮捕に踏み切った結果「不起訴」になる可能性の高いことに対して警察が踏み切ることは考えにくいですし、過去の判例から考えればプレイヤーはそこを恐れる必要はないのです。

関係者の証言をもとにした推測ではありますが、この不起訴となった事件の裏側で、実は警察が本当に捕まえたかったのはプレイヤーではなく運営者だったんではないか?ということです。

日本に運営者がいると踏んでいたのではないか?と想像する理由としては、当時オンラインカジノのプレイヤー同士のコミュニティがあり、そこに潜入していた警察はプレイヤーと運営がどちらも日本にいる可能性を感じていたんではないでしょうか。
そうなれば確実に日本の法律内で裁くことができます。
そこで逮捕に踏み切ったものの、やはり運営者はおらず、略式起訴で終わったプレイヤーが数名、最後まで戦った人が一名、そしてその方が不起訴を勝ち取った。
と想像していますが、真相はどこまでいってもはっきりとはわかりません。

オンラインカジノの今後は?

オンラインカジノの今後は?

日本でカジノ計画が進んでいるように、カジノが日本で合法化されたらオンラインカジノは規制されることはあるのでしょうか?
せっかく世界各国の豊富なゲームを簡単にプレイできるオンラインカジノが、今回のIR法で日本のランドカジノの合法化で規制されては意味がありません。
日本のIRカジノ法案を見た限り、今後日本でカジノが合法化され、実際に運用が始まったとしても、それによってオンラインカジノが規制される心配は少ないと言えるでしょう。
そして、万が一規制されたとしても、その時にやめればいいのです。
法律が施行される以前を罪に問われることはないはずです、実際に日本でカジノが動き始める少し前くらいから注目するのがいいと思います!

自宅で行うオンラインカジノとインカジは違う

自宅でインターネットを介して海外のオンラインカジノでプレイすることは、不起訴の事例がありますので安心できますが、店舗型のインカジの場合、胴元と子が日本国内にいるのですでに摘発者が頻発しているのが事実です。

ネットカフェというと少し誤解を招きますが、みなさんが思っているマンガ喫茶とは違い、オンラインカジノを表面上隠すためのネットカフェで、店内では換金まで行われる等、非合法な賭博行為が行われています。

そういったインカジは違法となりますので摘発の対象です。日本国内でお金が動く時点でアウトなので気をつけましょう。

安心してプレイするために

安心してプレイするために

オンラインカジノで安心してプレイするために、まずライセンスがしっかりと発行されているかどうかを確認しましょう。

ライセンスが発行されているオンラインカジノで遊ぶ分には何も問題はありませんが、ライセンスが発行されていないオンラインカジノでプレイしていると自分も共犯として検挙されてしまう可能性があります。

そうならないように前もってプレイするオンラインカジノを十分に調べてからプレイするようにしましょう。

自分に合う安全なオンラインカジノを見つけよう!

プレイするベット額やゲームは自分自身が決めるもの、より安全で自分に合ったオンラインカジノで遊ぶことによって、不便なく安心して楽しめるでしょう。
またオンラインカジノによってベット額の上限下限は違いますので、希望のベット額で遊べるかどうかも重要です。
何より今後のオンラインカジノライフが充実したものになるよう、事前の確認をできるだけ細かくすることをオススメします。

1

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

プレイヤー満足度No. 1カジノ!

  • 入金不要ボーナス初回入金で10日間、5ドル分のスピンクレジット
  • 初回入金ボーナス30ドルの入金不要ボーナス

2

カジ旅

カジ旅

世界初の『クエスト型オンラインカジノ』!

  • 入金不要ボーナス40ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス200%50ドルまで(最高400ドル)の初回入金ボーナス

3

カジノシークレット

カジノシークレット

キャッシュバックがもらえるカジノ

  • キャッシュバック50%100ドルまでキャッシュバック

4

ボードッグカジノ

ボードッグカジノ

1994年創業!老舗カジノ

  • 入金不要ボーナス45ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス100%500ドルまでの初回入金ボーナス

5

ロイヤルパンダ

ロイヤルパンダ

圧倒的なゲームの種類

  • 初回入金ボーナス100%15,000円までの初回入金ボーナス