オンラインカジノに税金はかかる?納税額の計算方法

【税理士監修】オンラインカジノの賞金に税金はかかる?納税額の計算方法も解説

更新日: coding-team

更新日:

オンラインカジノで一定の賞金を稼ぐと、税金がかかります。 一方で、オンラインカジノによる利益が一定額を超えなければ、その部分の税金は発生しません。

こういったオンラインカジノの収益にかかる

  • 税金の計算方法
  • 税率
  • 確定申告の時期や手順

などについて、よく分からないことも多いと思います。

そこでこの記事では、そういったオンラインカジノと税金の関係や疑問をひとつずつご紹介しましょう。

この記事を通じて、税金への意識が高まり、資金管理の重要性にも気がつくでしょう。資金管理がしっかりできれば、ギャンブルの収支にも好影響を与えてくれるはずですよ!

  • Twitter
  • LINE
河野雅人(かわのまさと)
税理士プロフィール
河野雅人 (かわのまさと)
公認会計士・税理士
東京都新宿区神楽坂駅近くに事務所を構え、高品質・低価格のサービスを提供している。趣味はスポーツ観戦。大手監査法人勤務の後、会計コンサルティング会社を経て、税理士として独立。 中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。 独立後8年間で法人税申告実績約300件、個人所得税申告実績約600件、相続税申告実績約50件。セミナー、研修会講師年間約10件。


オンラインカジノの賞金に税金はかかるのか?|かからないケースも?

課税の対象、一時所得とは

「オンラインカジノの賞金に税金がかかるのか」が気になって、このページを開いた方も多いでしょう。

結論から書くと、オンラインカジノの賞金は「課税の対象」です。一定額を稼ぐと、その利益分の税金を払わなくてはいけません。それでは、

  • 税金がどうしてかかるのか
  • 税金を払うのはどういったケースなのか

についてひとつずつ見ていきます。

税金がかかる理由

オンラインカジノの賞金に税金がかかるのは、オンラインカジノで上げた利益が「一時所得」にあたるためです。

法律上で明示があるわけではありませんが、オンラインカジノの利益は

  • 懸賞や福引きの賞金品
  • 競馬や競輪の払い戻し金

に該当するとされます。そのため、オンラインカジノで稼いだ場合、その利益は課税の対象となります。

「競馬やパチンコで税金を払ったことないけど・・・」と思われるかもしれません。

しかし、競馬やパチンコなどのギャンブルで上げた利益も、本来はオンラインカジノと同じ「一時所得」として扱われます。つまり、基本的には税金を納めなくてはいけないのです。

ただ、競馬やパチンコによる利益の税金を(現時点で)納めていない人は少なくありません。それは競馬やパチンコの賞金が手渡しで行われるからです。そのため、税務署もお金の流れの把握に時間を取られている現状があります。

一方、オンラインカジノの場合、集金の記録がデータで残るため、税務署もお金の流れが把握しやすいです。

税金を支払うケース

オンラインカジノによる賞金は「一時所得」にあたるとご説明しました。しかし、「オンラインカジノで収益を上げたら、かならず税金を支払う」というわけではありません。

一時所得は、以下の計算式を経て算出します。

一時所得の計算式
一時所得 = 収入額 ー 支出額 ー 特別控除額 (最高50万円)

この計算式に当てはめた結果がプラスのときに、申告の必要性が生まれます。たとえば、

  • 1年間で60万円を稼いだ
  • その収益を得るために5万円かかった

という場合、そこから特別控除額 (最高50万円)を差し引くことで「利益5万円に対する税金」が課される計算となります。

税金を支払わないケース

一方、オンラインカジノの収益分のすべてが納税の対象となるわけではありません。というのも、収入から支出を差し引いた額が50万円未満の場合、一時所得はマイナスとなるからです。

先ほどの例で見ると、もし60万円の利益を得るために20万円がかかったのであれば、特別控除額50万円との差し引きで一時所得はマイナスになります。つまり、オンラインカジノにおける、一時所得の税金を納める必要はありません。

また、会社勤めの場合、給与所得以外に20万円以上の所得があったとき、確定申告が必要になります。つまり、70万円以上の利益がないと、確定申告は不要です。

なお、この特別控除額(50万円)は年間利益に対してのものなので注意しましょう。

オンラインカジノにかかる納税額の計算方法|意外と簡単!

オンラインカジノの税金の計算方法

オンラインカジノにかかる納税額は、以下のように計算します。

一時所得の課税対象額
収入金額 ー 支出金額 ー 特別控除額 (最高50万円)
一時所得の課税所得金額
一時所得 × 1/2

なお、一時所得の計算式にある「支出金額」は勝ったときの支出のみが対象です。以下は、1年間で2日間だけのプレイした場合の収支を表したものです。

日付 稼いだ額 支払い額 利益
3月16日 80万円 10万円 70万円
3月17日 40万円 100万円 -60万円

一時所得は利益が出たときだけの算出となるため、この2日間の合計支出額は10万円です。合計の利益も3月16日~17日を合わせた+10万円ではなく、3月16日のみの+70万円として扱われます。

そして、この場合の「一時所得の課税所得金額」は10万円(=(70万円ー50万円)×1/2)と計算されます。

なお、給与所得や一時所得などを合わせた所得全体にかかる「所得税率」と「控除額」に関しては、以下の表をご参考ください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万超 45% 4,796,000円

出典:国税庁ホームページ

仮に合計所得が400万円であれば、所得税は4,000,000円×0.2ー427,500円=372,500円です。自分の所得税率や所得金額がどれぐらいか気になるときは、ぜひ一度チェックしてみましょう。

オンラインカジノの税金を払う時期は?手順や支払い方法まで

確定申告のスケジュール

オンラインカジノの利益によって税金を払う必要が出たときは、確定申告を行う必要があります。ただ、その申告や支払いの時期はどのようになるでしょうか。

また、オンラインカジノでは銀行口座を介して利益を受け取るので、そのやりとりがデータとして残ります。よって、税金の支払い手順ややり方を把握しておかないと、「脱税するつもりはなかったけど脱税になっていた」という事態にも陥りやすいです。

そのため、次は確定申告の期間や手順、必要な書類、税金の支払い方法を見ていきましょう。

確定申告の期間

確定申告の期間は2月16日~3月15日です。前年の1月1日~12月31日に稼いだ分が対象で、その翌年に申告を行います。

たとえば、2019年12月15日~2020年1月15日の間にオンラインカジノで収益を上げた場合、確定申告の時期は以下のとおりです。

収益を上げた日付 確定申告の期間
2019年12月15日~2019年12月31日 2020年2月16日~3月15日
2020年1月1日~2020年1月15日 2021年2月16日~3月15日

年度と混同して、「4月1日~翌年3月31日の利益が対象期間」と間違えやすいので注意が必要です。

確定申告の手順

確定申告の手順としては、

  1. 申告に必要な書類を用意&作成する
  2. 以下3つの方法で申告を行う
    • 居住地域が指定する税務署で行う
    • 自宅で書類を作成し、税務署へ郵送する
    • e-Taxを利用してオンラインで行う

こういった流れで行われます。

税務署で確定申告を行う場合、開始後すぐや期間終了前は特に混雑しやすいです。あまり並ばずに済ませたいなら、2月下旬~3月初旬にかけて行くのがおすすめです。

e-Taxを利用する場合は、あらかじめ登録を済ませる必要があります。一度登録が完了すれば、あとは毎年自宅にいながら確定申告が可能です。

確定申告に必要な書類

確定申告に必要な書類は以下のとおりです。

源泉徴収票

会社勤めの場合、年末年始に企業から受け取れます。

支払調書

年末年始にオンラインカジノ側から受け取れます。ただ、オンラインカジノは海外運営のため、日本と税制度が異なります。そのため、こちらからカジノへ請求を行ってはじめて、支払調書が送られるケースも多いです。

なお、「オンラインカジノのHP上から自分でプリントアウトした収支明細を提出すれば大丈夫だった」というケースもあります。

経費の領収書

合計の所得が300万円以下であれば、領収書は不要です。

書類が準備できれば、あとは確定申告を行うだけです。準備中にわからないことがあれば、税務署でレクチャーもしてくれます。また、確定申告については、ネットでもたくさん情報が出てくるのでぜひ活用しましょう。

税金の支払い方法

税金の支払い方法は、確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」欄の

  • 給与から差引き(特別徴収)
  • 自分で納付(普通徴収)

のどちらにチェックを入れたかで異なります。

「給与から差引き(特別徴収)」にチェックを入れた場合、あなたに給与を出す会社が給料から税金分を差引いて、国に税金を納めてくれます。

一方、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れた場合、住民税徴収票が自宅に届くため、税金は自分で支払わなくてはいけません。給与以外の所得を会社に知られたくない場合は、こちらにチェックをつけるべきでしょう。

オンラインカジノの税金対策まとめ!

以上、オンラインカジノの収益にかかる税金について、いろいろとご紹介をしました。

この記事を読んだことで、税金への意識が高まり、資金管理の重要性にも気がついたはずです。資金管理がしっかりできれば、ギャンブル自体の収支にも好影響を与えてくれます。

この記事を通じて、

「カジノの利益が特別控除額の50万円を超えそうだから、今年のプレイはもうセーブしよう」
「確定申告で苦労しないように、カジノ収支をしっかり付けておこう」

といった、税金との向き合い方を考えるキッカケにしてみてください。



河野雅人(かわのまさと)
税理士からの一言
パチンコや競馬と同じギャンブル感覚でオンラインカジノをする方は多いでしょう。オンラインカジノで得た利益には税金がかかります。50万円までは非課税ですが、それを超えると確定申告が必要になります。忘れずに確定申告するようにしてください。
税理士からの一言
河野雅人(かわのまさと)
パチンコや競馬と同じギャンブル感覚でオンラインカジノをする方は多いでしょう。オンラインカジノで得た利益には税金がかかります。50万円までは非課税ですが、それを超えると確定申告が必要になります。忘れずに確定申告するようにしてください。

自分にあったオンラインカジノを見つけよう!

プレイするベット額やゲームは自分自身が決めるもの、より自分に合ったオンラインカジノで遊ぶことによって、不便なく楽しめるでしょう。
またオンラインカジノによってベット額の上限下限は違いますので、希望のベット額で遊べるかどうかも重要です。
何より今後のオンラインカジノライフが充実したものになるよう、事前の確認をできるだけ細かくすることをオススメします。

1

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

プレイヤー満足度No. 1カジノ!

  • 入金不要ボーナス30ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス100%500ドルまでの初回入金ボーナス

2

カジ旅

カジ旅

世界初の『クエスト型オンラインカジノ』!

  • 入金不要ボーナス40ドルの入金不要ボーナス
  • 初回入金ボーナス100%100ドルまで(4回にわたり最高500ドル)の初回入金ボーナス

3

カジノシークレット

カジノシークレット

キャッシュバックがもらえるカジノ

  • キャッシュバック50%470ドルまでキャッシュバック

4

レオベガス

レオベガス

モバイルカジノの王様!

  • フリースピン当サイトから登録で30回のフリースピン!
  • 初回入金ボーナス最高17万円+フリースピン!

5

ロイヤルパンダ

ロイヤルパンダ

圧倒的なゲームの種類

  • 初回入金ボーナス100%最大150,000円までの入金ボーナス

SlotsiaのTopページでは、他にも初心者さんにおすすめのオンラインカジノをたくさん紹介しています。ぜひご利用ください!