31システム法とは?バカラやルーレットの必勝法

更新日: / toshihiro
31システム法とは?

31システム法は、オンラインカジノで使えるベット戦略のひとつです。31パーレイシステムとも呼ばれ、合計で31単位を1セットとしてベットする点に由来して名づけられています。

ただ、少しだけ複雑なベット戦略のため、しっかりと理解したうえで実践で使いたいところです……。

そこで本記事では、31システム法の使い方やベット方法、実践シミュレーション例、利点・欠点、他の攻略法との違いについて解説します。理解できると心強い戦略ですので、ぜひマスターしてお気にいりのカジノゲームで使ってみてください☆

今ユーザーに人気のオンラインカジノ

2 5/5
ワンダーカジノ
Welcome bonus 【キャッシュバック】slotsia限定 初回入金額の60%最大500ドル賭け条件1倍 合言葉「SLOTSIAリベンジ」
Casino highlights
  • 【入金不要ボーナス】slotsia限定40ドル賭け条件1倍 ボーナスコード「slotsia」
  • 【フリースピン】初回入金100ドル以上で100回賭け条件なし ボーナスコード「slotsia」
  • 【キャッシュバック】slotsia限定 初回入金額の60%最大500ドル賭け条件1倍 合言葉「SLOTSIAリベンジ」
3 5/5
SLOTSIA限定 ビットスターズ
Welcome bonus 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
Casino highlights
  • Slotsia限定!入金不要ボーナスフリースピン100回
  • 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
4 5/5
オー・マイ・スピンズ
Welcome bonus 初回入金で最大500ドルの100%ボーナスと、200回分のフリースピン
Casino highlights
  • 初回入金で最大500ドルの100%ボーナスと、200回分のフリースピン
5 5/5
おすすめ ラッキーニッキー
Welcome bonus 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル
Casino highlights
  • 【入金不要ボーナス】slotsia限定6,000円賭け条件60倍
  • 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル

31システム法とは?

31システム法 解説

31システム法とは、非常に簡単にいうと、「1単位、1単位、1単位、2単位、2単位、4単位、4単位、8単位、8単位」の合計31単位を1セットとして用いる戦略です。

勝っても負けてもベット額が上がり続ける珍しい戦略で、「1度でも2連勝すれば、これまでの負け分を取り返せる」のが特長です。

カジノゲームでは負けると落ち込んでしまいがちですが、31システム法を使うと、単に2連勝するだけで、負け分をすべて取り返せるので頼りがいがあります。そして、負け分を取り返した時点で終了となるので、「勝ち逃げ」に特化しています。

簡単に一発逆転を狙えるので、少しくらい負けが続いても、大船に乗ったつもりでいられる素晴らしい戦略です☆

31システム法がどのように考案されたのか、その背景

31システム法は、競馬やFXなどでも使える攻略法として世に広まってきました。

賭け金を自由に選べるギャンブルでは、初心者はいくらをベットしたらよいか困ってしまい、かえって不安に感じがちです。そんななかで、31システム法のように、ベット額を明確に決めてくれる戦略を覚えておくと、そんな不安からは解放されるはずです☆

31システム法の基本的な数学的な原理と概念

31システム法の基本的な数学的原理と概念は、下記のようになります。

  • 1単位の賭け額を決める
  • 単位、1単位、1単位、2単位、2単位、4単位、4単位、8単位、8単位を1セットとしてベットする
  • 勝ったら、賭け金が2倍になるように右に移動する
  • 負けたら、1つ右の賭け金を賭ける
  • 2連勝したら儲けが出たので終了とし、最初に戻る
  • 一番右の8単位までいったら終了とし、最初に戻る

これを読んだだけでは、活用イメージがすぐには湧きにくいかもしれませんので、使い方は後ほどわかりやすく説明します。

ですが、ポイントとしては、31システム法では、どの段階においても2連勝したらそれまでの負け分を取り返せます!

負け分を取り返せる条件がハッキリとしていて、安心してゲームの結果を見守れるでしょう☆

31システム法を用いたベット戦略

31システム法のベット戦略

それでは、31システム法に関して、以下に4項目を解説していきます。

  • 適応するゲームの種類
  • 31システム法をバカラゲームに適応した具体的な例
  • ステップバイステップのベット方法とその解説
  • 31システム法のシミュレーション

31システム法のエッセンスを分かりやすく紹介しますので、しっかりと理解しておきましょう!

31システム法に適応するゲームの種類

31システム法が適応できるゲームの種類

まず、31システム法を適応できるのは、「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームです。カジノゲームの攻略法には、これと同じ適用条件のものが多く、お馴染みの条件です。

具体的には、下記のゲームにおいて、31システム法を適応できます。

  • バカラの「プレイヤーベット」「バンカーベット」
  • ルーレットの「ロー」「ハイ」「黒」「赤」「奇数」「偶数」
  • シックボーの「大」「小」
  • 丁半博打の「丁」「半」
  • ブラックジャックの「ヒット」「スタンド」

これらのゲームで遊ぶときの戦い方のひとつとして31システム法を知っておくと、色んな戦い方ができてよいでしょう☆

ステップバイステップのベット方法とその解説

続けて、31システム法を適応しているときのステップとベット方法を解説していきます。

ステップ1 1単位のベット額を決める

最初に、1単位のベット額を決めます。

31システム法では、最大8単位を1ゲームでベットするので、8単位を賭けてもよいと思える額を、1単位のベット額として定めるとよいでしょう。

当然ながら、この額が大きいほど、勝ったときに得られる利益が大きくなると同時に、失敗したときに失う損失額も大きくなります。

ステップ2以降では、「1単位、1単位、1単位、2単位、2単位、4単位、4単位、8単位、8単位」を意識しながらベット額を決めていきます。

ステップ2 該当単位を賭ける

「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームを選び、1セットのうち現在のベット額を選択して賭けます(一番最初は1単位から始まります)。

このときの勝ち負けにより、ステップ3以降は分岐します。

ステップ3-1 勝った場合

前ゲームで勝ったら、ベット額をその2倍にして、次ゲームに賭けます。
具体的には、前ゲームが1単位なら2単位を、前ゲームが2単位なら4単位を、前ゲームが4単位なら8単位を、次ゲームに賭けてください。

ステップ3-2 負けた場合

前ゲームで負けたら、前ゲームで賭けた金額の、ひとつ右側のベット額を賭けます。

ステップ4 ステップ2とステップ3を繰り返す

1セットが終わるまで、ステップ2とステップ3を繰り返します。1セットをすべて賭け終わるか、2連勝した時点で、そのセットは終了となります。

31システム法のシミュレーション

上記の流れは少し難しく感じたかもしれません。ここでは、実際に31システム法を用いたシミュレーション結果を何パターンかご紹介しますので、実際にいくらベットすればよいかを確認してみてください。

①2連勝した場合

セット開始時から2連勝すると、最短で31システム法が終了します。

連勝したので資金がプラスになるのはいうまでもありませんが、2ゲーム終了時点で、早くもこのセットは終了となります。

No.ベット額(単位)勝敗資金
00
111
223

②7連敗後に2連勝した場合

7連敗後に2連勝すると、最終的な資金はプラス1となり、あざやかに逆転できます。

通常、7回も連敗したら負け越してしまいますが、31システム法ならその後に2連勝するだけで逆転が可能なのです☆

No.ベット額(単位)勝敗資金
00
11-1
21-2
31-3
42-5
52-7
64-11
74-15
88-7
981

③勝ち負けを交互に繰り返した場合

勝ちから始まって、勝ち負けを交互に繰り返すと、下記のように、最終的にはプラス1で終了できます。

No.ベット額(単位)勝敗資金
00
111
22-1
321
44-3
541
68-7
781

逆に、負けから始まって、勝ち負けを交互に繰り返すと、最終的にはプラマイゼロで1セットが終了となりました。

No.ベット額(単位)勝敗資金
0
11-1
210
32-2
420
54-4
640
78-8
880

④9連敗した場合

あまり考えたくはありませんが、9連敗した場合、31単位の負けとなります。さすがの31システム法でも、ここまで連敗が続くと、どうしようもありません。

ただし、勝率が50%弱のゲームで9連敗もする確率は「512分の1」と非常に低いため、問題ないでしょう。

No.ベット額(単位)勝敗資金
00
11-1
21-2
31-3
42-5
52-7
64-11
74-15
88-23
98-31

31システム法の利点と限界

31システム法には、利点と限界(欠点)があります。それぞれを解説しますので、きちんと頭にいれたうえで使ってください。

31システム法の利点

31システム法の主な利点は、3点あります。

第1に、2連勝すれば利益を出せる点です。
上述のとおり、7連敗したあとですらも2連勝すれば利益を出せるのが、31システム法の特長です。
31システム法を実践するうえでは、「とにかく2連勝すればいい」と覚えておくとよいでしょう☆

第2に、勝ち逃げに特化している点です。
2連勝したらそのセットを終わりにする終了条件があるように、31セット法は勝ち逃げを目的とした攻略法です。
少しでもいいから勝って終わりたいと思う方には、ぴったりの戦い方ですよ!

第3に、最初から賭け額のセットが決まっている点です。
他の攻略法では、数列をつくりながらプレイする攻略法もあるなかで、31システム法では1セットの賭け方がシステム化されています。
そのとおりに賭ければよいだけであり、シンプルゆえに迷いなく使えるはずです。

31システム法の限界(欠点)

いっぽうで、31システム法の限界(欠点)は、次の2つです。

1つめは、メモが必要な点です。
勝った場合には2倍にすればよいだけですが、負けた場合にはベット額をメモしておかないと、次にいくらを賭ければよいかがわからなくなります。
それが面倒に感じる方には、31システム法はあまり向いていないかもしれません。

2つめは、大きな利益は期待できない点です。
2連勝したらそのセットを終了してしまうため、大きく儲けられる戦略ではありません。
あくまでも、小さな勝ち逃げを狙いたい方に向いたベット戦略だと心得ておきましょう。

31システム法と他のベット戦略との比較

次に、31システム法を、他の似ているベット戦略と比較してみます。

31システム法と他のベット戦略

31システム法と似た戦略として、グッドマン法ウィナーズ法があります。まず、これらのベット戦略の概要について、簡単に解説しておきましょう。

まず、グッドマン法は、「1・2・3・5法」とも呼ばれており、1単位→2単位→3単位→5単位の順にベットしていく戦略です。
31システム法と同じようにベット順がシステム化されています。グッドマン法では、連勝したときに得られた利益を手元に残しつつ、さらなる利益の獲得を目指せるのが特徴です。

次に、ウィナーズ法は、数列を使った攻略法です。
負け分を確実に取り返すために、緻密にベット金額を決めていく点に特徴があります。
31システム法やグッドマン法と同様に、「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームで使えるので、気分によって使い分けてみてもよいでしょう。

それぞれの戦略の利点と欠点

それでは、31システム法を、グッドマン法やウィナーズ法と比較してみましょう。

戦略名利点欠点
31システム法・2連勝すれば利益を出せるのがわかりやすい
・最初から賭け額のセットが決まっている
・勝ち逃げに特化している
・勝ち負けを交互に繰り返しても問題ない
・大きくは稼ぎにくい
・メモが必要
グッドマン法・最初から賭け額のセットが決まっている
・攻守のバランスがよい
・4連勝以上すれば大きく稼げる
・勝ち負けが交互に起きるパターンに弱い
ウィナーズ法・連敗した負け分を取り返せる・数列を使うので、やや複雑
・メモが必要

上記の表から読み取れるように、31システム法は、2連勝すれば利益を出せるわかりやすい戦略です。また、ベット額が1セットになって決められているため、シンプルで使いやすいのも特長です。そして、勝ち逃げに特化しているのも珍しいポイントですね!

いっぽうで、大きくは稼ぎにくいうえに、メモが必要なのはデメリットとなります。

まとめると、31システム法は、勝ち逃げをしたい人が、比較的シンプルな方法を、最低限の労力で実行できる戦略なんですよ☆

バカラで31システム法を活用する場合

バカラで31システム法を使いたいなら、賭け方は「プレイヤーベット」と「バンカーベット」がよいでしょう。

これらの賭け方は、2倍配当、勝率がほぼ50%です。そして、バカラは、トランプゲームが複雑そうにみえて、実はトランプゲームのルールを知っていなくても遊べるゲームです。

プレイヤーベットかバンカーベットのどちらかを選ぶだけで31システム法を活用できるので、31システム法との相性がよいカジノゲームですよ☆

ルーレットで31システム法を活用する場合

ルーレットでは、「ロー」「ハイ」「黒」「赤」「奇数」「偶数」などに賭けるときに、31システム法を使えます。

ルーレットは賭けるだけで結果がわかるので、初心者にとっては、バカラよりもさらにシンプルなゲームに感じるかもしれません。メモを取りながらでも、ストレスなくプレイできるはずです。

1ゲームも比較的短い時間で終わるため、31システム法の1セットを終えるのにそれほど時間はかからないでしょう。

結論

以上では、31システム法の内容、使い方、3パターンのシミュレーション結果、利点・欠点、他の戦略との比較、バカラやルーレットへの適応について説明してきました。

31システム法は、負けたくないけれど勝って終わりたい人のための「勝ち逃げ戦略」です。そんな31システム法の利点と欠点は、下記となります。

利点

  • 2連勝すれば利益を出せるのがわかりやすい
  • 勝ち逃げに特化している
  • 最初から賭け額のセットが決まっている

欠点

  • メモが必要である
  • 大きな利益は期待できない

負けるとイライラしたり落ち込んでしまったりするプレイヤーにとっては、勝ち逃げに特化している31システム法は、非常に重宝する戦略のはずです。

ぜひ本記事を参考に、31システム法をマスターして、実践でバリバリ使い込んでいってください☆

オンラインカジノボーナスタイプ別ランキング2023年度最新

オンラインカジノのボーナスでは、主に「入金不要ボーナス」「初回入金ボーナス」「フリースピンボーナス」「キャッシュバックボーナス」の4つのタイプがあります。

Slotsiaではそれぞれランキング形式で紹介していますので、お好きな最新ボーナス情報をぜひチェックしてみてください!

入金不要ボーナスランキング

初回入金ボーナスランキング

フリースピンボーナスランキング

キャッシュバックボーナスランキング