ウィナーズ法とは?バカラやルーレットの必勝法

更新日: / toshihiro
ウィナーズ投資法とは?バカラやルーレットの必勝法

ウィナーズ法とは、バカラやルーレットで使えるベット戦略のひとつです。数列を用いる点で、モンテカルロ法に似ています。また、連敗したあとに、その負け分を取り返せるので、負けるのが嫌で嫌で仕方がないプレイヤーにも向いています。

ですが、ウィナーズ法は数列を用いるため、使い方を理解するのを諦めている方もいるかもしれません……。

そこで本記事では、ウィナーズ法の使い方やベット方法、実践例、利点・欠点、他の攻略法との比較について解説します。数学に苦手意識がある方でも、サラッと読めてスイスイと理解できるように説明していますので、安心して読み進めてみてください☆

今ユーザーに人気のオンラインカジノ

2 5/5
一ヶ月だけ カジノシークレット
Welcome bonus 初回入金ボーナス最高3000ドル100%賭け条件5倍
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス33ドル(簡単メール認証のみ)
  • 【Slotsia限定】100ドル以上の入金ボーナス100FS進呈!賭け条件なし〜2024年4月30日まで
  • 初回入金ボーナス最高3000ドル100%賭け条件5倍
3 5/5
HOT ステークカジノ
Welcome bonus 【Slotsia限定】24時間以内の入金で初回入金ボーナス200%最大2000ドルレーキコード「slotsiajp200」※専用リンクより登録
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス2500円レーキコード「slotsiajp201」
  • 【Slotsia限定】24時間以内の入金で初回入金ボーナス200%最大2000ドルレーキコード「slotsiajp200」※専用リンクより登録
4 5/5
SLOTSIA限定 ビットスターズ
Welcome bonus 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
Casino highlights
  • Slotsia限定!入金不要ボーナスフリースピン100回
  • 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
5 5/5
4月限定 ラッキーニッキー
Welcome bonus 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス40ドル
  • 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル

ウィナーズ法とは?

ウィナーズ法とは、オンラインカジノで使える攻略法のひとつです。ウィナーズ法は、数列で決められたとおりにベットするだけで、これまで負けた分を取り返せる強力な攻略法なんですよ!

皆さんのなかには、オンラインカジノで負けた分を取り返そうと思ってやみくもにプレイし、さらに損失を大きくしてしまった経験のある方も多いはずです。カジノゲームでは、負けるとついムキになって、判断を狂わせてしまいがちですよね……。

ですが、ウィナーズ法は、負けが続いたときのベット方法に関して明確な方針を与えてくれます。ウィナーズ法を知っていると、負けが続いたときにとても頼りになるので、この機会に絶対に習得しておきましょう☆

ウィナーズ法がどのように考案されたのか、その背景

ウィナーズ法は、カジノゲームだけでなく、投資の世界でも使われている攻略法です。

いつ誰が考案したかは知られていませんが、名前からして、負け分を取り返して「勝者=Winner(ウィナー)」になるのを意図して考案されたのでしょう。

ウィナーズ法の基本的な数学的な原理と概念

ウィナーズ投資法の賭け方

ウィナーズ法の基本的な数学的原理と概念は、下記のようになります。

① 1単位のベット額を決め、1単位だけ賭けてゲームをプレイし続ける
2連敗したら「1・1」と紙にメモし、ウィナーズ法をスタートする。このメモは、直近2ゲームで、1単位ずつ損失が出ているのを意味する
③ メモの一番左の数字の損失を取り返すために、一番左の数字を2倍にした金額をベットする(ここでは、1×2=2単位をベットする)
④ ③で勝てば、一番左側の数字の損失分を取り戻せたので、一番左側の数字を消す。逆に負けたら、新たな損失が生じたので、③でのベット単位(ここでは2)を一番右側にメモする
すべての数字が消えるまで、③④を繰り返す。すべて消えたら、すべての損失を取り戻せている

このように、ウィナーズ法の本質とは、一番古い負け分から順番に、1つずつ負け分を取り返していく点にあります。

そして、数学的には、勝ちと負けの回数は同じ回数に収束するため、ウィナーズ法を続けていけば、理論上はすべての負け分を取り戻せるわけです☆

ウィナーズ法を用いたベット戦略

ウィナーズ投資法の戦略

ウィナーズ法の習得に向けて、ここでは、以下について解説していきます。

  • 適応するゲームの種類
  • ウィナーズ法をバカラゲームに適応した具体的な例
  • ステップバイステップのベット方法とその解説
  • ウィナーズ法のシミュレーション

ウィナーズ法を実際に運用するうえでは欠かせないポイントを説明しますので、しっかりと理解しておいてください☆

適応するゲームの種類

ウィナーズ法を適応できるのは、「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームです。

この条件を満たしているからこそ、ゲームを繰り返すなかで、負け分を取り返せる算段が立つわけです。具体的には、下記のゲームにおいて、下記の賭け方をする際に、ウィナーズ法を適応できます。

  • バカラの「プレイヤーベット」「バンカーベット」
  • ルーレットの「黒」「赤」「奇数」「偶数」「ロー」「ハイ」
  • 丁半博打の「丁」「半」
  • シックボーの「大」「小」
  • ブラックジャックの「ヒット」「スタンド」

これらのゲームで遊ぶ際には、ウィナーズ法を知っていれば負けにくくなります。負けるリスクを減らしつつ、儲けを拡大していってください☆

ステップバイステップのベット方法とその解説

それでは、ウィナーズ法を使った場合の「ゲームが始まってから終了するまでの流れ」と「ベット方法」を具体的に解説していきましょう。

ステップ1 1単位のベット額を決める

最初に、1単位のベット額を決めます。これが大きいと儲けも大きくなりますが、もし万が一、ウィナーズ法が失敗に終わったときに失う損失額も大きくなります。

ステップ2 2連敗するまでゲームをプレイする

「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームを、2連敗するまでプレイします。

このときに、ステップ1で決めた「1単位のベット額」をベットし続けてください。

ステップ3 最初の数列をメモする

2連敗したらウィナーズ法を開始します。「1・1」とメモします。

ここからは、メモに書かれている数字のうち、一番左側の数字を2倍にした金額をベットします。

今回の場合、数列は「1・1」であり、一番左にあるのは「1」なので、1×2=2単位をベットしましょう。

ステップ4-1 ゲームに勝った場合

ゲームに勝った場合、ゲーム前の数列のうち、一番左にある数字を消してください。

たとえば、ゲーム前の数列が「1・1」なら、左の「1」を消すので、消したあとの数列は「1」となります。

また、ゲーム前の数列が「1・1・2」なら、一番左の「1」を消すので、消したあとの数列は「1・2」となります。

ステップ4-2 ゲームに負けた場合

ゲームに負けた場合、ゲーム前の数列に、ステップ3で賭けた金額を追記してください。

たとえば、ゲーム前の数列が「1・1」で2単位を賭けて負けた場合、「2」を追記して、「1・1・2」とします。

ステップ5 ステップ3 & ステップ4を繰り返す

あとは、ステップ3とステップ4を繰り返すだけです。

この数列がすべて消えたときに、これまでの損失が取り戻し終わります。そのため、ステップ5の終了タイミングは、基本的には「数列がすべて消えたとき」です。

ただし、後述のとおり、運悪く負けが続きすぎると数列が消えずに増え続け、損失を取り戻しきれないケースもあります。そのような場合、損失分を諦めて、ウィナーズ法を終了する判断をどこかで下すしかないでしょう。

ウィナーズ法のシミュレーション

以上で解説した手順にしたがい、実際にウィナーズ法でゲームをプレイした結果を紹介します。ちなみに、バカラでプレイヤーベットをした場合のシミュレーション結果となっています。

No.ベット額(単位)勝敗資金数列
00
11-1
210
31-1
41-21・1
52-41・1・2
62-61・1・2・2
72-81・1・2・2・2
82-61・2・2・2
92-42・2・2
10402・2

4ゲーム目に2連敗してしまったため、ウィナーズ法を開始しました。

3ゲーム目から7ゲーム目にかけて5連敗もしてしまい、最大で8単位もの損失が出てしまいましたが、その後3連勝して、10ゲーム目が終わった時点ではプラマイゼロに持ち込めました。

ご覧のとおり、10ゲーム全体としては、4勝6敗と負け越しているにもかかわらず、最終的には損失がまったく出ていません。必ずしも勝ち越さなくても損失分を取り返せるのは、直感的には信じがたいかもしれませんが、ウィナーズ法の大きなメリットとなっています☆

ウィナーズ法の利点と限界

ウィナーズ法には、利点だけでなく限界(欠点)もあります。以下では、それぞれを詳しく説明しますので、ウィナーズ法を実践する前に、きちんと押さえておきましょう!

ウィナーズ法の利点

ウィナーズ法の利点は、大きく3点あります。

第1に、連敗した負け分を取り戻せる点です。
ウィナーズ法では、連敗しても損失分を取り返せるので、負けるのが怖くなくなるでしょう。また、勝敗数では負け越していても、損失を取り返せる場合もあり、奇跡を目の当たりにしている気持になれます!

第2に、負けているときに感情的になるのを抑えてくれます。
負けているときには、感情任せにおかしなベットをしてしまいがちです。その結果、さらに損失を増やしてしまうプレイヤーも多いものです。
そんなときに、このウィナーズ法を知っていれば、安心して判断のよりどころにできるので、感情的に判断せずに済みます。

第3に、ベット額が少なくて済む点です。
ウィナーズ法では、過去の損失分をひとつずつ順番に取り返していくため、1回1回の賭け額は小さくて済みます。
そのため、ベットするたびに手が震えるほどの思いをせずとも、心を落ち着けて実践できるのがメリットです。

ウィナーズ法の限界(欠点)

いっぽうで、ウィナーズ法の限界(欠点)は2つあります。

1つめは、負け分を必ず取り戻せるとは限らない点です。
負けが続いてしまえば、数列が消えずに、損失だけが残ってしまいます。
そもそも、配当が2倍のゲームでは勝率が50%を切るゲームが大半なので、確率的にも負け分を取り戻せない可能性は多々あります。

2つめは、計算やメモに手間がかかる点です。
数列をメモしながら、次はいくらをベットするかを考える必要があり、多少手間がかかります。
ですので、それが気にならないマメな人に向いている戦略です☆

ウィナーズ法と他のベット戦略との比較

ここでは、ウィナーズ法を、他の似ているベット戦略と比較してみましょう。

ウィナーズ法と他のベット戦略

ウィナーズ法と似た戦略として、モンテカルロ法ダランベール法があります。まず、これらのベット戦略について知らない方のために、モンテカルロ法とダランベール法について簡単に説明しておきます。

まず、モンテカルロ法とは、ウィナーズ法と同じように、数列を書いて負け分を取り返すベット戦略です。ただし、ウィナーズ法が「2倍配当、勝率がほぼ50%」のゲームで使えるのに対して、モンテカルロ法は「3倍配当、勝率がほぼ33%」のゲームで使われます。

次に、マーチンゲール法とは、負けたら1つ前のゲームの2倍の金額をベットする攻略法です。そして、どれだけ負け続けても、一度の勝ちでこれまでの負け分をすべて取り返せます。したがって、負け分を取り返す方法としては、非常に積極的なベット戦略なのです。

それぞれの戦略の利点と欠点

それでは、ウィナーズ法を、モンテカルロ法やマーチンゲール法と比較してみましょう。

戦略名利点欠点
ウィナーズ法・一度のベット金額が少ない・数列をメモする必要がある
・負け分を必ず取り返せるとは限らない
モンテカルロ法・一度のベット金額がそれほど膨大にはならない・数列が複雑である
・負け分を必ず取り返せるとは限らない
マーチンゲール法・一度の勝利だけで、これまでの負け分を取り戻せる
・ベット方法が非常にシンプルでわかりやすい
・負けが続くと、一度のベット金額が膨れ上がる可能性がある
・途中でベット上限額に引っかかるリスクがある

上記の表から読み取れるように、ウィナーズ法は、他の2つの戦略と比べると、一度の賭け金額が少なくて済む利点があります。いっぽうで、欠点としては、数列をメモする必要があるのと、負け分を必ず取り返せるとは限らない点が挙げられます。

つまり、ウィナーズ法は、あまり手間をかけずに、最小のリスクで損失分を取り戻したいプレイヤーに向いている戦略なのです☆

バカラでウィナーズ法を活用する場合

バカラでウィナーズ法を用いるには、「プレイヤーベット」「バンカーベット」の2つが有力です。どちらかというと、バンカーベットよりもプレイヤーベットのほうが勝率が高いため、プレイヤーベットのほうが有効ではあります。

これらの賭け方は、2倍配当、勝率がほぼ50%です。バカラで遊ぶときには、ウィナーズ法を使って、ぜひ勝者(=ウィナー)になってください☆

ルーレットでウィナーズ法を活用する場合

ルーレットでウィナーズ法を使えるのは、「黒」「赤」「奇数」「偶数」「ロー」「ハイ」などに賭ける場合です。ちなみに、ルーレットのなかでもヨーロピアンルーレットでは、配当を得られる確率が高めなので、ウィナーズ法を使うのに向いています。

ルーレットには、ウィナーズ法を使える賭け方が多数用意されていて、さまざまな賭け方を楽しめるので、ウィナーズ法をバンバン使っていくとよいでしょう☆

結論

以上では、ウィナーズ法の内容や使い方、シミュレーション結果、利点・欠点、他の戦略との比較、バカラやルーレットでの適応について解説しました。

ウィナーズ法は、カジノゲームでもっとも恐ろしい「連敗」に直面したときに効力を発揮するベット戦略です。そして、ウィナーズ法の利点と欠点は、下記となります。

利点

  • 連敗した負け分を取り戻せる
  • 負けているときに感情的になるのを抑えてくれる
  • ベット額が少なくて済む

欠点

  • 負け分を必ず取り戻せるとは限らない
  • 計算やメモに手間がかかる

ウィナーズ法は、実践して損がない戦略であり、覚えておけば2連敗時に気楽に使えます。そして、ウィナーズによって負けがなくなれば、あとは勝って勝って勝ちまくるだけです!

ぜひウィナーズ法を実践で使い、カジノゲームでおいしい思いをしていってください☆