バーネット法(1326法)とは?クラッシュの必勝法

更新日: / toshihiro
バーネット法 サムネイル

バーネット法(別名:1326法)は、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどで使えるベット戦略として知られています。

ですが、実は、攻略法が少ないクラッシュゲームでも使える貴重なベット戦略のひとつでもあるんです。クラッシュで上手く活用すれば、リスクを最小限に抑えながら、利益をコツコツと積み重ねていけますよ!

そこで、本記事では、バーネット法の内容や使い方、メリット/デメリット、相性の良いゲーム、シミュレーション結果、バーネット法が向いている人などを解説します。損切りのタイミングや改良版、他のベット戦略との比較まで説明していますので、バーネット法を使ってクラッシュで儲けるうえで必要な情報を網羅的に押さえられるはずです☆

  • Twitter
  • LINE

今ユーザーに人気のオンラインカジノ

2 5/5
一ヶ月だけ カジノシークレット
Welcome bonus 初回入金ボーナス最高3000ドル100%賭け条件5倍
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス33ドル(簡単メール認証のみ)
  • 【Slotsia限定】100ドル以上の入金ボーナス100FS進呈!賭け条件なし〜2024年4月30日まで
  • 初回入金ボーナス最高3000ドル100%賭け条件5倍
3 5/5
HOT ステークカジノ
Welcome bonus 【Slotsia限定】24時間以内の入金で初回入金ボーナス200%最大2000ドルレーキコード「slotsiajp200」※専用リンクより登録
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス2500円レーキコード「slotsiajp201」
  • 【Slotsia限定】24時間以内の入金で初回入金ボーナス200%最大2000ドルレーキコード「slotsiajp200」※専用リンクより登録
4 5/5
SLOTSIA限定 ビットスターズ
Welcome bonus 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
Casino highlights
  • Slotsia限定!入金不要ボーナスフリースピン100回
  • 初回~4回目までの入金で最大5万円100%ボーナス+180回フリースピン
5 5/5
4月限定 ラッキーニッキー
Welcome bonus 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル
Casino highlights
  • 【Slotsia限定】入金不要ボーナス40ドル
  • 初回入金の100%最高500ドルまたは福袋ボーナスで最高500ドル

バーネット法(1326法)とは、どんなベット戦略?(やり方・使い方)

バーネット法 やり方

バーネット法とは、1326法という別名の通り、勝ち続けている限り、1単位→3単位→2単位→6単位の順にベットしていく戦略です。

使い方としては、途中で負けたら、最初の1単位に賭け金を戻します。また、4連勝以上した場合には、6単位をベットし続けます。

ベット戦略のなかでは「守りの戦略」に分類され、あまりリスクを取らずに、着実な利益を積み重ねていくことを重視しています。ベットする金額が決まっているので、何ドル賭けたらよいのか自信が持てない方でも、安心して頼れるやり方です。

バーネット法(1326法)のメリット(利点)

バーネット法(1326法)には、以下の3つのメリット(利点)があります。

損失リスクを抑えられる

バーネット法のメリットの1つ目は、損失リスクを抑えられる点です。連敗してしまった場合には、賭け金が1単位だけとなるため、手元の資金を大きく減らす心配がありません。
また、1単位の金額を小さくすれば、より一層リスクを小さくできるようになっています。

連勝すれば利益を出せる

バーネット法のメリットの2つ目は、連勝すれば利益を出せる点です。連勝すると、3単位→2単位→6単位とベット金額が増えていくため、勝ち運に乗りながら利益を一気に増やしていけます。

そして、連勝時に十分に勝っておけば、その後に多少負けが続いたとしても、トータルではプラスに持ち込めるんですよ!

長期戦に強い

バーネット法のメリットの3つ目は、長期戦に強い点です。バーネット法は、ある程度の長期戦で真価を発揮するタイプのベット戦略です。

そのため、1つのゲームに一定の時間を設けて、腰を据えてプレイするような場合には、特に安定した戦果をあげることができます。

バーネット法(1326法)のデメリット(限界)

一方で、バーネット法にはデメリット(限界)もありますので、そちらも紹介しておきます。

連勝しないと利益を出せない

まず、バーネット法では、連勝しないと利益が出ません。これは、1回勝つだけでは1単位しか得られないためです。
2連勝以上してはじめて、ベット額が3単位→2単位→6単位と増え、利益を出しやすくなっていきます。

勝ち負けが交互のパターンに弱い

バーネット法は、勝ち負けが交互のパターンに弱いのも特徴です。たとえば、勝ちが先行し、1回目に1単位を賭けて勝ったとしても、2回目に3単位を賭けて負けてしまえば、トータルでは2単位分だけ負け越してしまいます。

また、負けが先行し、1回目に1単位を賭けて負けてしまった場合には、2回目には1単位を賭けることになり、勝ってもトータルではイーブンになるだけです。

長期戦を覚悟する必要がある

バーネット法は、「1単位→3単位→2単位→6単位」を1セットとして、これを何セットも繰り返すことで、長期的な利益を狙う戦略です。短期的に負けてしまった場合、その負け分を長期的に取り返すことを狙っているため、長期的にプレイし続けないと、負けたまま終わる可能性が高くなります。

バーネット法(1326法)と相性の良いゲーム

バーネット法は、配当が2倍で、勝率が50%のゲームに使えます。具体的には、以下のようなゲームで使うのがおすすめです。

クラッシュ

あまり知られていませんが、バーネット法はクラッシュ系のゲームでも使えます。

具体的な活用方法としては、クラッシュの設定画面において、キャッシュアウトを2倍に設定し、自動プレイをはじめます。そして、ベット額を「1単位→3単位→2単位→6単位」というルール通りに決めていけばオッケーです。

低リスクで利益を積み重ねられるため、クラッシュゲームに必勝法を使った経験がない方も、一度はバーネット法を活用してみることをおすすめします!

ルーレット

ルーレットには、奇数/偶数や赤/黒など、配当が2倍で、勝率が50%のベット方法があります。これらの方法でベットする場合に限り、バーネット法をルーレットで活用することが可能です。

バカラ

バカラは、プレイヤーやバンカーなどが、配当が2倍で、勝率が50%のベット方法となります。これらの方法でベットしている場合に限り、バーネット法をバカラで使うことができます。

ブラックジャック

ブラックジャックでは、プレイヤーが勝ったときの配当が2倍であるため、通常のベット時にバーネット法を使えます。

クラッシュでバーネット法(1326法)を活用したシミュレーション結果

ここでは、クラッシュでバーネット法を実際に活用してみたシミュレーション結果を紹介します。今回は1単位を1ドルとして、キャッシュアウトを2倍にし、20回プレイしました。

施行回数ベット額勝敗収支
11ドル+1ドル
23ドル+4ドル
32ドル+2ドル
41ドル+3ドル
53ドル0ドル
61ドル-1ドル
71ドル-2ドル
81ドル-1ドル
93ドル+2ドル
102ドル0ドル
111ドル+1ドル
123ドル+4ドル
132ドル+2ドル
141ドル+1ドル
151ドル0ドル
161ドル+1ドル
173ドル+4ドル
182ドル+2ドル
191ドル+1ドル
201ドル+2ドル

結果は20戦中10勝10敗でしたが、トータルでは2ドルの黒字となりました。長期的な戦いになりましたが、バーネット法らしく、リスクを下げながら儲けることに成功しています!

バーネット法(1326法)で勝てない場合(損切りのタイミングとは)

バーネット法でどうしても勝てない場合、損切りも必要となります。損切りのタイミングは具体的には決まってはいませんが、収支が大きくマイナスになってしまい、取り返せる見込みが薄そうだと感じたら、ゲームから撤退するのもひとつの作戦です。

バーネット法(1326法)がおすすめの人

バーネット法がおすすめなのは、リスクを取りたくない人や、気長にプレイできる人です。少しの利益を出すためにも、かなり長期戦を強いられることも多いため、気が短い人や忙しい人には向いていないでしょう。

バーネット法(1326法)の改良版とは

バーネット法は、低リスクで稼げる一方で、大きく儲けにくい欠点があります。その欠点を補うために、バーネット法の改良版として、ベット単位を2倍にする「2倍バーネット法」や、ベット単位を3倍にする「3倍バーネット法」も有効です。

これらの方法では、リスクが上がる代わりに、得られる儲けも2倍や3倍になります。普通のバーネット法を使っていて物足りなくなってきたときに使ってみるとよいでしょう。

バーネット法(1326法)と他のベット戦略との比較

最後に、バーネット法と他のベット戦略とを比較し、違いを説明しておきます。

グッドマン法との比較

グッドマン法は、「1単位」→「2単位」→「3単位」→「5単位」という順で賭けるベット戦略で、バーネット法と同様にクラッシュでも使えます。

一見すると、バーネット法と似ていますが、グッドマン法のほうが守りの要素が強く、途中で負けても資金が減りにくいのが特徴です。逆に言うと、バーネットのほうが勝ったときに利益が出やすく、攻めの要素が少しだけ強くなっています。

バーネット法よりも、少しだけ積極的にプレイしたい方におすすめの手法です!

パーレー法との比較

パーレー法は、あるゲームで勝った勝利金を、次のゲームに全額つぎ込むベット戦略です。クラッシュで使う場合、キャッシュアウトを2倍にしたうえで、ゲームで勝ったら次のゲームではベット額を前ゲームの2倍にすればパーレー法になります。

ご想像の通り、パーレー法は、勝ち続ければ非常に大きな利益を得られる代わりに、一度でも負ければ利益が無くなってしまう「攻め」のベット戦略です。よって、「守り」を重視したバーネット法とは対極にあります。

クラッシュを強気でプレイしたい方におすすめのベット戦略です☆

2in1法との比較

2in1法は、負け分を取り戻すためのベット戦略です。クラッシュなどで連敗したときに2in1法を使い始めると、数列に従ってベットするだけで、やがて負け分を取り戻せます!

「バーネット法」は、リスクを抑えながら利益も狙いにいける”攻守のバランス”の取れた方法であるのに対して、「2in1法」は”守り”だけに100%特化したベット戦略です。クラッシュなどで一度生じてしまった損失分を確実に取り戻したいなら、2in1法は非常に頼もしいベット戦略となるでしょう!

結論

以上では、バーネット法について総合的に解説してきました。バーネット法は、クラッシュでも使える貴重なベット戦略であり、普通にベットした場合に比べて、勝率を大きくアップできます。

クラッシュでひと稼ぎしたいと思っている方は、この機会にバーネット法を習得しておくことを強くおすすめします☆